ANAマイルのすすめ!

2013年にSFC取得済 ANAカードやポイントサイトで年間40万マイル貯める正真正銘の陸マイラー!  ANA特典航空券でファーストクラス・ビジネスクラスの旅行を楽しんでます。SPGアメックスに入会し、スターポイントもどんどん貯めています!


スポンサーリンク


飛行機に“最後に乗る”のはどんな人か 羽田空港を分析




定時運航率

航空会社としては、定時運行というのが、1つの指標になっています。

 

各社、そのために様々な対策を講じています。

JALでは、3か月間一度も定時出発ができない便があったとのこと。

それはどのような便なのでしょうか?

 

 

その内容とは、

 

「飛行機=遅れる」といったイメージを抱いている人も多いのでは。しかし、である。米国のとある企業が発表した「定時到着率ランキング」(※)をみると、JALがトップ。定時到着率とは「遅延15分未満に到着した比率」のことで、トップのJALは89.4%。見方を変えると、定時に到着していない便は、運航全体の1割ほどしかないのだ。イメージというものは怖い。

※米国のFlightStats社が毎年「定時到着率ランキング」を発表している。メジャーインターナショナル部門では世界の大手航空会社36社、アジア・太平洋メジャーエアライン部門では31社が対象となっている。

 

 定時到着率をアップさせるために、JALはどんなことをしているのか。取材を進めていくと、遅延発生の原因を分析していることが明らかに。それだけではない。季節ごとにどのような傾向があるのか、路線ごとに違いはあるのか、などさまざまなパターンを調査していたのだ。

 そこで、気になるのが分析結果である。飛行機を定時運航させるために、さまざまな角度から分析をしている矢嵜敬太さんに話を聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンライン編集部の土肥義則。

 

飛行機に乗るとき「できれば早く乗りたい」という人もいれば、「できれば最後に乗りたい」という人もいる。搭乗口で最後に手続きを済ませているのはどのような人なのか。羽田空港で飛行機の遅延分析をされている、JALの担当者に話を聞いたところ……。

 

続きはこちらをご覧下さい。

 

担当者は、いろいろな分析をして、日々対策を講じているんですね。

 

私は窓際の席を取ることが多いので、先に座っている人に立ってもらうのに恐縮するので、なるべく早くに搭乗するようにしています。

 

皆さんも、搭乗の際には、早めに搭乗して下さいね。

 

それではまた!

 

*この記事が面白かった方は、↓のボタン達をぜひクリックして下さい。今後の励みになります(笑)