ANAマイルのすすめ!

2013年にSFC取得済 ANAカードやポイントサイトで年間40万マイル貯める正真正銘の陸マイラー!  ANA特典航空券でファーストクラス・ビジネスクラスを楽しんでます。SPGアメックスに入会し、ポイントもガンガン貯めています!

スポンサーリンク


ANA スタッガードシートを超える新しいビジネスクラスを検討中! 登場は早ければ2018年?




新しいビジネスクラスはどうなるのか

ANAが現行777-300ERの後継機、777-9X導入に向けて、新ビジネスクラスを検討中のようです。

 

<こちらは現行のスタッガードシート>

f:id:anamileagesfc:20161017221950j:plain

 

早ければ、2018年頃の新造機777-300ERから導入されるかもしれませんね。

 

どのようなビジネスクラスになるか楽しみです。

 

AviationWireの記事

 

AviationWireにて、新ビジネスクラスの記事が掲載されていました。

 

全日本空輸(ANA/NH)の篠辺修社長は、2020年開催の東京オリンピックに合わせ、ビジネスクラスに新シート導入を検討していることを明らかにした。

 

 ANAは2021年度から2027年度にかけて、長距離国際線に新型機ボーイング777-9Xを20機導入予定。競争が激しいビジネスクラスに、新シートを投入する準備を進めている。

 

 現行機777-300ERに導入しているシートは、日本で初めてビジネスクラスで全席通路アクセスを実現した「スタッガード配列」のフルフラットシート。2010年4月に最初の機体が就航した。

 

 ダブリンでAviation Wireの取材に応じた篠辺社長は、777Xの客室仕様について「まだフィックス(決定)はしていないが、777Xで新しくするのは当然」と、シートを刷新する方針を明らかにした。「オリンピック前になんとかならないのか、という議論もある」(篠辺社長)と、777Xの就航とは切り離して、2020年までに既存機のビジネスクラスへ新シートを投入する可能性を示唆した。

 

 ANAを傘下に持つANAホールディングス(9202)は、777-9Xの引き渡し開始までの機材として、777-300ERを6機追加発注しており、2018年度から2019年度に受領する。

 

 一方、2019年春に成田・羽田-ホノルル線に投入予定のエアバスA380型機については、客室仕様の確定までに時間が残されていない。篠辺社長は「ビックリするようなことが出来るかは、ちょっとクエスチョンマーク。大きな飛行機なので、新しいことを出来ないかは考えている」と述べ、777Xで導入する新シートは採用しない意向を示した。

 

出典元; http://www.aviationwire.jp/archives/91330 

 

世界初のスタッガードシート

現行のビジネスクラスでは、世界初のスタッガードシートを導入しましたね。

 

スタッガード初体験の時

 

次期ビジネスシートも、世界初となるような仕様を開発してもらいたいなと思います。

 

それにしても、一度ビジネスクラスに慣れてしまうと、もうエコノミーには戻れないですね。

 

プライベートで、ビジネスクラスに乗れるのは、やはりマイルが貯まるようになったからですね。

 

年間20万マイル以上貯められるなんて、ちょっと前までは想像できなかったので、

今は、貯められるだけ貯めておきたいと思っています。

 

マイルを貯めてビジネスクラスに乗ろう!

マイルの貯め方については、こちらの記事をご覧下さい。

 

それにしても、プライベートではビジネスクラスに乗るのに、仕事だとエコノミーというのはキツイですね。

 

貯めたマイルでアップグレードできれば良いのですが、ANA便に乗っても、格安チケットなのでアップグレード対象外です(笑)

 

インボラアップグレードに期待するしかないですね(笑)

 

それではまた!