ANAマイルのすすめ!

2013年にSFC取得済 ANAカードやポイントサイトで年間40万マイル貯める正真正銘の陸マイラー!  ANA特典航空券でファーストクラス・ビジネスクラスを楽しんでます。SPGアメックスに入会し、ポイントもガンガン貯めています!

スポンサーリンク


ANAビジネスクラス NH224便(フランクフルト→羽田) 機内食(2回目)そして羽田空港へ到着!




ウィーンからの帰国でNH204便、ANAビジネスクラス スタッガードシートに搭乗しています。

1回目の機内食も終わり、ビジネスクラスの個室(?)でゆったりしています。


 

映画を見てゆったりと過ごす

機内食を食べ、お腹がいっぱいになったところで、あとはゆったりと過ごします。

現地時間では22時頃。日本時間だともう朝ですね(時差は7時間)

 

行きの機内では、映画「エベレスト」を見ていたのですが、すっかり寝落ちしてしまい、途中から記憶がありません(笑)

 

再度見る気もおきず、別のものを見ることにしました。

見たのは、こちらの「天皇の料理番」です。

テレビで放映していた時は毎回欠かさずみていましたが、結構好きなドラマだったので、内容は知っているものの、こちらを見ました。

 

主役のお二人(佐藤健と黒木華)がなかなか良かったですね。

ただこちらのドラマ、全12話なので、すべてみると10時間以上かかります。

 

途中から、椅子をフルフラットにしてみていましたが、やはり寝落ちしてしまいました。

 

こちらも結局羽田に着くまでは見終わりませんでした(笑)

 

2回目の機内食

身体的には朝食ですが、日本時間を考えると、昼食の時間です。

ここまで飛んで来ましたよ!

f:id:anamileagesfc:20170317211751j:plain

 

2回目の機内食も和食にしました。

f:id:anamileagesfc:20170317211822j:plain

 

メニューはこんな感じになります。

f:id:anamileagesfc:20170312205958j:plain

 

軽めの食事もありましたが、結局食べずに終わってしまいました。

本当は、一風堂ラーメンを食べようかと思っていたのですが。

f:id:anamileagesfc:20170312205957j:plain

 

機内の様子

食事も終わり、いよいよ日本に近づいてきました。

恒例(?)の機内の散歩に出かけます。

さっきまでこんな感じで暗かった機内もすっかり明るくなりました。

f:id:anamileagesfc:20170317211957j:plain

 

f:id:anamileagesfc:20170317212011j:plain

 

妻のいるファーストクラスには、なかなか行きずらいので、ビジネスクラスの中をウロウロと。

 

こちらは、ビジネスクラス後方に設置してあるバーカウンターです。

ほとんど何もないですね(笑)

f:id:anamileagesfc:20170317212040j:plain

 

そして、ドアのところから見える主翼

f:id:anamileagesfc:20170317212114j:plain

 

 

さらに往路と変わり映えしませんが、トイレ(笑)

f:id:anamileagesfc:20170317212139j:plain

 

ウォシュレットです。

f:id:anamileagesfc:20170317212154j:plain

 

多少のアメニティーも置いてあります。

f:id:anamileagesfc:20170317212215j:plain

 

こちらはオムツ換えようの台です。

f:id:anamileagesfc:20170317212223j:plain

 

 

間もなく到着です。

 

f:id:anamileagesfc:20170317212312j:plain

 

 

羽田空港へ到着

シートベルトサインが点灯しました。

C席で窓が遠目なので、今一つ飛行経路がわかりません(笑)

着陸はD滑走路でした。

 

楽しい旅も間もなく終了です。

f:id:anamileagesfc:20170317212349j:plain

 

国際線ターミナルに到着し、降機します。

 

今回は、ファーストクラスの妻とは別に、それぞれのドアから出ます。

 

こちらが搭乗していた機材です。

f:id:anamileagesfc:20170317212407j:plain

 

この後は、すべての手続きがスムーズで、30分もしないうちに国際線ターミナルの駐車場から出ることができました。

 

これにてウィーン旅行記は終了ですが、次回はおまけがあります。

 

それではまた!