ANAマイルのすすめ!

2013年にSFC取得済 ANAカードやポイントサイトで年間40万マイル貯める正真正銘の陸マイラー!  ANA特典航空券でファーストクラス・ビジネスクラスを楽しんでます。SPGアメックスに入会し、ポイントもガンガン貯めています!

スポンサーリンク


【SPGアメックス】ポイント利用の無料宿泊ならどれを選ぶ? SPG?マリオット?リッツカールトン?




f:id:anamileagesfc:20170808214920j:plain

 

入会するだけでSPG・マリオット・リッツカールトンのゴールド会員になれるSPGアメックスカード。いまやメインカードとして活躍しています。

SPGアメックスカードの基本情報やお得な入会方法については、こちらをご覧下さい。

 

SPGアメックスに入会することで、マリオットグループ(リッツカールトン含む)のゴールド会員にもなることができます。

マリオットのゴールド会員にリンクする方法は、こちらをご覧下さい。

 

SPGアメックスカード入会翌年度以降は、特典として無料宿泊がありますが、入会初年度はその特典はありません。しかし、紹介プログラムによる入会で17,000スターポイントが獲得でき、またカード利用分も合わせれば、入会1年目から無料宿泊の利用が可能です。

 

では、ポイントを使った無料宿泊をするなら、どの系列のホテルに泊まるのが良いのか比較してみました。

 

ポイント価値の基本のおさらい

SPGアメックスの場合は、1米ドルあたりの決済で1スターポイントが獲得できます。

100円あたりではないので、ご注意を! 円高になることを望みます(笑)

 

SPGの1スターポイントは、マリオットリワードの3ポイントに移行できますので、1:3の比率になり、相互ポイント移行は、いつでも自由に行うことができますので、使い勝手は良いです。

 

先日、知人にマリオットリワードを経由して、スターポイントをプレゼントしましたが、即日完了しました。

 

無料宿泊に必要なポイント数

それぞれのホテル系列ごとに無料宿泊に必要なポイント数を見てみたいと思います。

 

SPG 

ホテルカテゴリー ホテルリワード
1 3,000
2 4,000
3 7,000
4 10,000
5  12,000~16,000 
6 20,000~25,000
7 30,000~35,000 

 

マリオット

ホテルカテゴリー

ホテルリワード

(スターポイント換算)

ポイントセーバーリワード
1   7,500(2,500)   6,000
2 10,000(3,334) 7,500
3 15,000(5,000) 10,000
4 20,000(6,667) 15,000
5 25,000(8,334) 20,000
6 30,000(10,000) 25,000
7 35,000(11,667) 30,000
8 40,000(13,334) 35,000
9 45,000(15,000) 40,000

 

 

リッツカールトン

ホテルティア

必要ポイント数

(スターポイント換算)

ポイントセーバーリワード
1 30,000(10,000) 20,000
2 40,000(13,334) 30,000
3 50,000(16,667) 40,000
4 60,000(20,000) 50,000
5 70,000(23,334) 60,000

 

*ポイントセーバーとは、ホテルや日程によって最大33%少ないポイントで宿泊できるシステムです。詳細は以下のURLをご覧下さい。

 → http://www.marriott.co.jp/rewards/marriottRewardsPointSaversFAQs.mi

 

普通に宿泊すると宿泊費はいくら?

 

ちなみに3つの代表的なホテルのうち、東京地区で一番カテゴリーの高いホテルに同じ日に宿泊した場合の料金を公式サイトで比較してみました。

(例として、9月の連休の日を設定してみました。)

 

SPG

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町,ラグジュアリーコレクションホテル(カテゴリー7)

f:id:anamileagesfc:20170809200430j:plain

 

マリオット

東京マリオットホテル(カテゴリー8)

f:id:anamileagesfc:20170809200452j:plain

 

リッツカールトン

ザ・リッツ・カールトン東京(ティア5)

f:id:anamileagesfc:20170809200514j:plain

 

ご覧いただいた通り、この日程の場合だと、

 

東京マリオットホテル < ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町 < ザ・リッツ・カールトン東京

 

という料金の高さということになりました。

 

それぞれの系列ごとにカテゴリーランクやカテゴリーティアという指標が異なるので、一概には比較できませんが、一つの例として見て下さい。

 

ただ、やはりリッツカールトンの値段の高さは頭一つ抜け出していますね。

 

 ゴールド会員の特典比較

無料宿泊に必要なポイント数は、ホテル系列により違いがあることがわかりましたが、実際に宿泊した時のゴールド会員の主な特典も比較してみます。

 

  SPG マリオット リッツカールトン
宿泊に対するポイント 50%増 25%増 25%増
インターネット 無料 無料 無料
レイトチェックアウト 16:00まで 16:00まで 14:00まで
部屋のアップグレード あり(同クラスのより良い部屋) あり(スイート含む) あり(スイート・クラブレベル除く)
朝食 なし あり なし
ラウンジ利用 なし あり なし

 

こちらを見ていただくと、マリオットの優位点が見えてきます。

 

マリオットを利用するメリットとしては、

  • 部屋のアップグレード(スイートを含む)
  • 2名までの朝食無料
  • ラウンジ利用

の3点になります。

 

部屋のアップグレードについては、その時々の状況次第ですが、2名までの朝食無料とラウンジ利用は、コスト的にも大きなメリットですね。

 

1名分の朝食だけでも数千円相当ですし、ラウンジもちょっとした食事やドリンク類がフリーですので、1泊するだけで1万円以上の価値にはなると思います。

 

ポイントを使ってマリオットに宿泊すれば、一切の支払いがなくても滞在できそうですね。

総合的に判断すると

旅行の目的地によっては、選択肢がない場合もありますが、3つのホテルグループが選択肢となる場合には、マリオットに宿泊するのが、一番メリットが大きいように感じます。

 

一方で、リッツカールトンの最高ランクであるティア5には、70,000リワードポイント(23,334スターポイント)にて宿泊できることになります。SPGの最高ランクのカテゴリー7のホテルには、30,000-35,000スターポイントが必要なことを考えると、お得に宿泊できるといえますね。

 

もちろん、ホテルブランドによって好みがありますし、どの特典を重視するかによって変わってくると思います。

 

少なくともSPGアメックスカードに入会することにより、ホテルの選択肢が大きく増えることになりますので、ホテルライフを少しでも充実させたい方は、検討してみて下さいね。

 → SPGアメックスのお得な入会方法はこちら!

 

関連記事