ANAマイルのすすめ!

2013年にSFC取得済 ANAカードやポイントサイトで年間40万マイル貯める正真正銘の陸マイラー!  ANA特典航空券でファーストクラス・ビジネスクラスを楽しんでます。SPGアメックスに入会し、ポイントもガンガン貯めています!

スポンサーリンク


正真正銘の陸マイラーになる? 驚異の10%還元のマイレージ制度に登録していますか?




マイラーの皆さんは、それぞれお気に入りの航空会社のマイレージ会員として登録し、日々マイルを貯めることに精進していることかと思います。

 

今回の話題は、マイルはマイルでも、ANAやJALなどの航空会社のマイレージ制度の話ではなく、正真正銘の陸におけるマイルの話です。(タイトルが釣りでスミマセン)

 

ETCを利用すればするほど、利用額に応じてポイントが獲得できるETCマイレージ制度のことになります。

ETCを利用している方は多いかと思いますが、ETCマイレージ制度は利用していますか?

もしまだ使っていない方は、今すぐ登録することをオススメします

 

ETCマイレージ制度とは?

f:id:anamileagesfc:20170524180632j:plain

ETCマイレージ制度とは、その名の通り、ETCの利用実績に応じてポイントが付与される制度になります。

 

ETCマイレージのWebに詳細がのっています。

f:id:anamileagesfc:20170524190059j:plain


*運営する道路事業者によって、多少ポイントの付与が違いますので、注意が必要です。

 

ポイントの付き方は以下の通りです。

 

道路事業者 ポイントの付き方  
NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社 10円につき1ポイント  
本州四国連絡高速道路株式会社 10円につき1ポイント
阪神高速道路株式会社
※8号京都線のみ対応
100円につき3ポイント+α  
名古屋高速道路公社 100円につき1ポイント+α  
愛知県道路公社 100円につき1ポイント+α  
神戸市道路公社 50円につき3ポイント+α  
広島高速道路公社 100円につき1ポイント+α  
福岡北九州高速道路公社 100円につき1ポイント+α  
     


一番効率が良いのは、NEXCO各社ですね。

10円につき1ポイント付与されるので、100円で10ポイント、1000円で100ポイントになります。

 

ポイント付与率は驚異の10%ということになりますね。

 

ポイント付与の詳細については、こちらをご覧下さい。

 → ポイントの付き方 | ETCマイレージサービス

 

ポイントの利用

では、貯めたポイントは何に利用できるのか?

 

残念ながら航空会社のマイルには移行できません・・・・

 

交換できるのは、ポイント数に応じた高速料金の還元になります。

 

こちらも道路事業者によって還元額が異なります。

 

道路事業者 ポイントの交換単位
NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社 1,000ポイント→500円分
3,000ポイント→2,500円分
5,000ポイント→5,000円分
本州四国連絡高速道路株式会社 1,000ポイント→500円分
3,000ポイント→2,500円分
5,000ポイント→5,000円分
阪神高速道路株式会社 100ポイント→100円分
名古屋高速道路公社 100ポイント→100円分
愛知県道路公社 100ポイント→100円分
神戸市道路公社 200ポイント→100円分
広島高速道路公社 100ポイント→100円分
福岡北九州高速道路公社 100ポイント→100円分

 

NEXCO各社の場合は、5,000ポイントで5,000円分の無料通行ができます。

5,000ポイント貯めるには、50,000円分の利用が必要になりますが、それでも10%還元という意外と大きなものですね。

 

クレジットカードで10%還元となっったら驚異的な数字なのですが(笑)

 

f:id:anamileagesfc:20170524190304j:plain

 

ポイントは、利用した月の翌月20日頃に付与され、有効期限は翌年度末まで。

つまり2017年5月に利用した分は、2017年6月にポイント付与され、有効期限は、2019年3月までということになります。

 

ETCマイレージの登録方法

こんなお得な制度ですが、登録は無料です!

 

申込みのために必要な情報は

  • 名前
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • ETCカード番号及び有効期限
  • 車両番号(ナンバープレートの4桁)
  • 車載器管理番号(ETC車載器の19桁)

 だけです。

 

すでにETCを利用している方は、当然ETCカードも車載機もあるので、Webから登録するだけでOKです。

これからETCを付ける方は、車載器のセットアップ終了後に申込みができます。

 

上記の必要情報を事前に調べておけば、数分で申し込みが完了しています。

 

登録方法については、Webまたは郵送でできますが、Webで申し込んだ方が登録完了までの時間が短いので、Webでの申込みをオススメします。

 

登録はこちらのページからできます。

 → ETCマイレージサービス/お申込みの前に

 

ETCマイレージの実績は、ETCカードに紐づいているので、旅行先でレンタカーなどを使った際も、いつも使っているETCカードを利用すれば、実績がカウントされていきます。

 

我が家の場合は?

我が家の場合は、都内近郊を徘徊していることが多いので、あまり高速道路を使うことはありませんが、月に1度もしくは2ヶ月に1度程度は高速で遠出をすることもあるので、1年で5,000円分が還元されるといった程度です。

 

高速道路を頻繁に利用される方や、たまに長距離を走る方は、登録しておかないと絶対に損ですので、活用して下さいね。

 

ETCマイレージのデメリットは?

当初は、ETC普及というお題目があったからか、還元額も結構大きなものでした。

当初は、5,000ポイントで8,000円分の還元があったのですが、いつの間にか5,000円になってしまいました。

 

それでも、片道100~150キロ程度の高速料金の往復分ぐらいは還元されますので、ありがたい制度です。

 

唯一のデメリットは、「還元分があるから!」と無駄に出掛けてしまって、食事や買い物、ガソリン代を散財してしまうことでしょうか(笑)

 

たまには車での旅行で、リゾートホテルライフを満喫したりするのも良いかもしれませんね。

 

まあ、経済活性化の一翼を担っていると思い、あきらめましょうね。

 

マイレージではあるけど、航空会社のマイルとは関係のない話でした。

 

お付き合いありがとうございます。

 

関連記事