読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルのすすめ!

2013年にSFC取得済 ANAカードやポイントサイトで年間40万マイル貯める陸マイラー!  ANA特典航空券でファーストクラス・ビジネスクラスを楽しんでます。

スポンサーリンク


やっと確保したANA国際線特典航空券 でも諸費用は意外に高いので注意が必要 支払いはどうする?




初のヨーロッパ旅行

f:id:anamileagesfc:20161103101003j:plain

夏休みのとある土曜日の朝、羽田空港国際線のANAラウンジでは、これからの搭乗を前に、妻と娘が、好きな食べ物をつまみ、快適な空間に満足している様子。二人の楽しそうな様子を見ると、こちらも嬉しくなってくる。

アロマの香りがほんのりとし、私はブログでよんだ記事を思い出す。

確かアットアロマでANAラウンジのオリジナルアロマが買えるんだったよな。帰国したらネットで買おう"

ビールを飲みながら、そんなことを考えていた。

 

妻と娘には、ビジネスクラスに搭乗することはまだ話をしていない。

さかのぼること30分前、ビジネスクラスカウンターでのチェックインもSFC修業によりSFCを取得し、上級会員になったからだと伝え、SFC修行の成果をプチアピールする。

カウンラーのGHさんとは、娘と妻には聞こえないようにヒソヒソ声で話をし、ビジネスクラス利用だと気付かれないように努めた。

このANAラウンジも、SFC修行のおかげと再度伝えている。本当はビジネスクラス利用なので問題ないのだが、妻の分もSFCの家族カードを発行したので、3人でもOKと話した。

SFC修業中は家を空けることに文句は言われたが、お土産をせっせと買い、ご機嫌を取ったのが成功した。

SFC修行も、陸マイルで貯めてマイルをスカイコインに換え、自費が発生していないことは、コスト至上主義の妻に対して大きな威力となった。

 

妻と娘は、当然ながらエコノミークラスでの旅行だと信じている。

これまでは短距離国際線中心の旅行だったため、エコノミーでもあまり負担ではなかったが、今回は初のヨーロッパ旅行。

やはり12時間のフライトでエコノミーはつらいと考え、SFC修行後ゼロからのスタートで、各種大技・小技を駆使して30万マイルを貯め、家族3名分の特典航空券ビジネスクラスを確保した。SFCのおかげで、特典航空券も優先的に確保できたと感じている。

 

毎回、自宅PCでコソコソとマイル収集の作業をしていると、

何か怪しいことしてない? いつもパソコンばかりやって

と妻に文句を言われ続けたが、そのおかげで、ANA30万マイル以上貯めていた事実を知ったらびっくりするだろう。

 

搭乗時間になり、いよいよ搭乗。

機材は、ANA国際線機材の主力、ボーイング777-300ER。

優先搭乗で機内へ向かう。

右側のブリッジから機内へ。

帰りは妻だけファーストクラスを確保し、左側のブリッジから搭乗することも、もちろん話をしていない。

ブリッジからは、最強のジェットエンジンGE90-115Bが見える。

ビジネスクラスの前方席を通過し、機内後方へ向かう。

 

ビジネスクラスに乗ってみたいわね。こんな個室みたいな席だったら、ゆったりくつろげるのに。機内食も美味しいんでしょう。ロンドンまでは12時間だっけ? エコノミーだと体中が痛くなりそう。パパはロンドン行った時はビジネスクラスだったんでしょう?

とママは不満そうに言い、娘は大きくうなずく。

やはりビジネスクラスを実際に見てしまうと羨ましいようだ。

そうだね。。。。

と私は気のない返事を返す。

 

ビジネスクラス最後部に近づき、前方にはプレミアムエコノミーのシートが見えた時、

ママの席は20A、〇〇(娘)の席は18A、パパは間の19C

とビジネスクラスの座席を指示する。

妻と娘は絶句・・・・。信じられないという顔。

とりあえず、あっけにとられている妻と娘をそれぞれの席に座らせる。

妻と娘は落ち着かない様子で機内誌やANA SKY SHOPPINGをパラパラとめくったりしている。

 

担当のCAさんが笑顔で挨拶にやってきた。

〇〇様、いつもご搭乗ありがとうございます。ビジネスクラス担当の△△です。ご家族旅行ですか? 羨ましいです。何かあればいつでもお声がけ下さい。

妻と娘は、CAさんから名前であいさつされ、キョトンとしている様子。

普段お酒をあまり飲まない妻は、興奮して慌てたのか、ウェルカムドリンクはジュースではなくスパークリングワインを選んでしまったようだ。

 

どうやらサプライズは成功したようだ。

帰りのサプライズも楽しみだ。

 

 

 

 

以上、妄想終了(笑)

*実話をベースに、陸マイラーネタを入れ込んで、かなりアレンジしてしまいました。

 

特典航空券でお父さんの株を上げる

妄想に気合いが入って、当初想定よりもだいぶ前置きが長くなってしまいました(笑)

上記の妄想のように、普段、家では肩身の狭いお父さんも、株をあげるチャンスです。

(我が家だけですかね? (笑))

 

実際のところ、上記妄想とは違い、我が家は最初からビジネスクラスに乗ることは宣言していましたが、やはり家族は興奮気味でした。さらに妻は帰路のファーストクラス搭乗でさらに興奮はヒートアップでした(体調悪くと散々でしたが(笑))


こちらは2回目のビジネスクラス搭乗の様子です。


陸マイラーの皆さんは、少なからず上記のように、家族を喜ばせたいという気持ちがあるのではないでしょうか?

そして、そのためにマイルを貯め、特典航空券を確保する。

まさに人類が太古から家族を食べさすために狩猟に出かけ、獲物を携えて帰ってくるように(笑)

 

国内線特典航空券は諸費用がかからない

国内線の特典航空券利用の場合、必要なマイル以外に費用は一切発生しません。

空港使用料なども特典航空券の中に含まれています。

ですので、家族3人で沖縄に行くとすれば、18,000マイル×3人=54,000マイルだけで済みます。(レギュラーシーズンの場合)

 

一方、国際線特典航空券の場合は?

国際線特典航空券の場合には、必要なマイル数以外に、諸費用が発生します。

最近はかからなくなった燃油サーチャージなども諸費用の中に含まれます。

この費用が家族3人だと結構な費用になるのです。

2014年夏にパリに行った際には、まだ燃油サーチャージがあったタイミングだったので、その他費用と含めて1人6万円強、3人だと18万円にもなりました。

18万円だと、安めのホテル代がカバーできてしまうぐらいの金額です。

 安いツアーだったら、近場の海外にだって行けてしまいますね。

 

今年の夏のヨーロッパの場合は、燃油サーチャージは無かったものの、それでも諸費用は1人2.5万円、3人で7.5万円かかりました。

 

この費用は結構大きいですよね?

今は燃油サーチャージがかからないので良いですが、また来年にかけて航空燃料の価格が上がってくれば復活するかもしれません。

 

特典航空券=飛行機代はタダ(かからない) と思いこんでいると、思わぬ出費があるので注意が必要です。

 

諸費用の構成要素

一例として、来夏のロンドン線の特典航空券利用で検索してみました。

f:id:anamileagesfc:20161104190612j:plain

ご覧のように、かかる費用は、

  • 旅客サービス施設利用料
  • 航空旅客税
  • 旅客サービス料
  • 航空保険料及び燃油特別付加運賃

となり、航空旅客税が大きいですね。

1人あたり2.7万円ですので、やはり家族3人だとしたら8万円ほどになってしまいます。

今回はイギリスを例としたのですが、イギリスの空港税は高いことで有名なようで、さらに搭乗クラスにより費用が違ってきます。ビジネスクラスの税金はエコノミークラスの倍になってしまうようです。

 

さらにマイラーの皆さんに人気のハワイの場合はこちらです。(来年の夏ということで調べてみました。空席待ちですが(笑))

f:id:anamileagesfc:20161107102711j:plain

 

ロンドンと比較すれば安くはなりますが、それでも9千円程度。やはり3人となると3万円近くなりますね。

 

行き先によっては、こういった税金は避けられませんので、必要な諸経費を必ず調べておくことをおすすめします。

費用によって行き先を決めるのは本末転倒なので(笑)

 

ちなみに世界各国の空港税はこちらにまとまっています。

 → 空港税一覧表

 

諸費用の支払い方法

特典航空券を発券すると、その段階で諸費用は支払わなければなりません。

これって現金(またはカード)以外の支払い方法ってないかな?」と考えたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

私が真っ先に考えたのは、「スカイコインで払えないのか?」といういうことでした。

結論から言うと、払えません。

スカイコインは、航空券またはツアー料金の支払いにしか充当できないのです。

スカイコインでの国際線航空券購入のページに以下のような記載があります。

 

対象外になるもの
特典航空券のお申し込み
他社便名および他社乗り継ぎ便が含まれる航空券のお支払い
重量超過手荷物料金、従価手荷物料金、ペット料金、ストレッチャー料金など追加での座席手配が必要な場合の料金等のお支払い
交換発行にともなう差額のお支払い
特典航空券発券時の税金・燃油特別付加運賃・発券手数料等のお支払い

ANA SKY コイン | ANAマイレージクラブ

 

 

 スカイコイン概要についてはこちらのページをご覧下さい。

 

おかげで使い道に困ったスカイコインを失効させてしまったことがありました。


結局のところ、素直にANAカードで支払うのが一番良いですね。

そうすると、マイルは倍になりますしね。

 

だいぶ横道にそれてしまいましたが、特典航空券利用時の諸費用、思いがけず高額になることもありますので、予算組みの際には、是非考慮して下さいね。

 

あとは、燃油サーチャージが引き続きナシになるのを期待するしかないですね。

 

関連記事

冒頭でネタ元になった記事