ANAマイルのすすめ!

2013年にSFC取得済 ANAカードやポイントサイトで年間40万マイル貯める陸マイラー!  ANA特典航空券でファーストクラス・ビジネスクラスを楽しんでます。SPGアメックスも入会し、ホテルライフもアップグレード?

スポンサーリンク


ANAマイルの貯め方! 年間30万マイル貯めるコツ・裏技教えます! その4(ポイントサイト応用編)




f:id:anamileagesfc:20160920103523j:plain

<前回の内容>  


 

ポイントサイトの友達紹介制度を活用する

 「その1(ポイントサイト基本)」でのポイントサイトの活用は、いかに自らが行動してポイントを貯めるかということでした。

 

www.ana-mileage-sfc.com

 

クレジットカード作成、FX口座開設、無料の保険相談、、、、、、、最初のうちは、これらの案件を自ら行っていけば、ANAマイルへの毎月の移行上限である20,000ポイントも貯めていけます。

 

でも、いくら自分が頑張っても、そのポイント獲得には限界があります。

 

ポイント欲しさに、クレジットカード申込みをしても、毎月作るわけにはいかないですしね。

 

そんな方におすすめしたいのが、ハピタスにおける友達紹介制度です。

  

ハピタスの友達紹介制度とは?

ハピタスには友達紹介制度があります。

口コミやブログ、SNS等でハピタスを紹介し、そこから登録してもらうと、「ハピ友」という紹介者が増えて、紹介者の人数に応じて、特典がもらえるのです。

 

その特典とはこのような内容になります。 

f:id:anamileagesfc:20160920123135j:plain

 

特典1と特典3はハピ友1人につき1度だけの特典ですが、注目すべきは特典2の部分になります。

あなたの「ハピ友」が貯めたポイントが、そのステージに応じて毎月プレゼントされるのです。
詳しくは次の図を見て下さい。

f:id:anamileagesfc:20160920123303j:plain

((このハピ友ポイントは、ハピタスから付与されるため、ハピ友が貯めたポイントには一切影響しませんので、ご安心下さい(笑)))

 

最後の計算例にもあるように、ハピ友が増えていくと、毎月のポイントも増えていきます。

 

これまでの感覚だと、

  • 10人で2-3,000ポイント
  • 50人で15,000ポイント

ぐらいがハピ友ポイントで入ってきます。

 

 

もちろん、100人、200人と増えていけば、ハピ友ポイントが増えていきますが、そうなると、交換上限という別の問題が出てきます。

(その対策方法は後述します。)

 

第1歩として目指すべきは、ステージ4、つまり10人以上のハピ友獲得です。そして、その次は50人、100人のハピ友を獲得しましょう。

 

ハピ友の増やし方

では、ハピ友をどうやって増やすのか?

 

オフラインでの紹介

まず王道となるのは、周囲の人々への紹介です。

あなたがAmazonや楽天、ヤフーなどを使って買い物しているように、あなたの周りにも同じような消費行動をしている人がいるでしょう。もしかしたら同居している親・兄弟かもしれませんし、親友かもしれません。

そういった方にまずは紹介してみて下さい。

ハピタスにはそういった人に紹介するためのツールも用意されています。

ハピタスのメニューから、「クチコミ・紹介ひろば」の、「招待メールを送る」を選んで下さい。

 

このような画面に必要事項を入力すれば、紹介したい相手にメールが送られます。

f:id:anamileagesfc:20160920124236j:plain

 

ハピタスの利用は相手にもメリットがあるので、紹介しやすいですよね。

これが怪しいビジネスだと、後ろめたいものですが、その点は安心です!

 

この時のポイントは、「美味しい食べ物があったよ!」とか「あのテレビ面白いよ!」と言うのと同じ感覚で、「良いものを伝えたい!」という感覚で教えてあげれば良いと思います。

 

ただし気を付けるべき点は、「唐突に紹介しないこと!

 

何の話の脈絡もなく、いきなりハピタスの話をしだしたら、相手は警戒してしまいます。ただでさえポイントサイトに怪しさを感じている人も多いですからね。

 

会話の中でハピタスにつながるようなポイントを見つけ、その話を展開させた上で紹介することが大事ですよ。

 

さらに、あなた自身の意見や体験談も交えて、ハピタスを使うことのメリットを積極的に紹介して下さい。

 

大事なのは、自分自身の経験です。

 

知識だけで「〇〇〇らしい」というのと、経験に基づいて「実際に△△△だったよ」というのでは、相手への説得力は全然違いますよね。

 

マイルがこのぐらい貯まっている」とか、「特典航空券で〇〇〇に行った」などという話をすれば、興味を持ってくれる人も多いはずです。

 

周囲の知人等に紹介するだけで、友達の多い人は、10人ぐらいはすぐに到達してしまうでしょう。

 

学生や若手社会人などは、同級生や同期などの仲間も多いと思うので、少し力を入れれば、そこから起点に、爆発的に人数は増えると思います。

そして、ある程度ハピ友が増えたら、次のステージを目指していきましょう。

 

オンラインでの紹介

リアルな世界ではある程度、限界がありますので、さらに広げるためには、バーチャルな世界を活用していくことになります。

 

いわゆるネットの活用になります。

 

あなたが、SNS(LINE、FACEBOOK、Twitter等)や、ブログ、ホームページを持っているなら、その活用が第1歩です。

 

ただし、紹介するだけでは、ブログに張ってある広告やバナーと一緒で、最初から興味を持った人しか反応してくれません。

 

ここでは、やはりオフラインにて気を付けたポイント、「体験」を交えて下さいね。

 

実際の知り合いとは違い、顔が見えない以上、より具体的な話が必要になります。

 

例えば、私の場合だと、このような記事が対象になると思います。

 

 

そして、大事なのは、どういった人に対して、どんなポイントを訴求するか?ということです。

  • マイルを貯めて、航空券代がタダで旅行に行ける。
  • お小遣い稼ぎができる。
  • 生活費の足しにしたい。

ターゲットとなる人に対して、適切なメッセージを送ってあげることが必要です。

旅行に興味のない人に、「マイル」やら「特典航空券」とか言ってもダメですし、
ネットショッピングしない人に、「楽天とかアマゾンでもポイント貯まるよ」と言っても無駄になってしまいます。

 

ハピタスを紹介する時のポイントは?

ちょっと頭の体操です。

ハピタスをどんな人に紹介すれば良いでしょうか?

いろいろな切り口を考えてみる必要があります。

例えば、こんな切り口がありますので、そういった方に一番効果的なポイントで紹介してあげれば良いでしょう。

 

対象訴求ポイント
海外旅行が好きな人 特典航空券を使って、ビジネスクラスやファーストクラスで旅行ができる
子育て中のママで、ネットショッピングで買い物をまかなっている 子育て中でもお小遣い稼ぎができる
就活中(またはこれから就活をむかえる)の学生 就活中にはバイトできないので、就活費用やバイト代分を補う
ネットショッピングのヘビーユーザー 単なるネットショッピングでも、ポイントサイトの活用でお小遣い稼ぎができる
毎年飛行機を使って実家に帰省する家族 普段の買い物だけで、マイルを貯めて特典航空券で帰省できる
アイドルや有名人などの追っかけで全国を回っているファン 普段の買い物などで、全国への交通費(遠征費用)がまかなえる
お小遣いの少ないお父さん(笑) お小遣いが増えないなら、ポイントサイトを活用して自ら増やそう

 

上記はあくまでも一例なので、ターゲットとなる層の趣味趣向をよく理解した上で、ツボを突いた紹介をしてみて下さいね。 

 

こういったポイントをうまく活用しながら、ハピタスを紹介してあげて下さい。ただし、その時は、ハピタスへの登録を促すだけではなく、ハピ友の制度など、ハピタス全体をキチンと紹介してあげて下さい。

 

登録だけで終わってしまうと、せっかくのハピタスのメリットも活かされないですし、なによりもハピ友になってくれた人がハッピーになれないことになります。(もちろん、自分自身へのハピ友ポイントも少なくなりますよ。)

 

せっかくハピ友になってくれたのですから、ハピ友にいろいろな情報を提供し、お互いにWin-Winの関係を築きましょう!

 

 

ハピタスでの目標

では、ハピタスでのポイント獲得目標はどの程度にすれば良いのでしょうか?

まずは、自分の獲得ポイント、そしてハピ友ポイントも合わせて、20,000ポイントを目指しましょう。

 

なぜ20,000ポイントか?

 

それをこれから説明しますね。

 

ハピタスからANAマイルへは、下図のような移行ルートを利用します。

f:id:anamileagesfc:20160920143257j:plain

 

この中で、ネックとなるのが、東京メトロ→ANAへの移行の部分で、「月に1回、20,000ポイントまで」という制限があります。

つまり、毎月18,000マイルまでしか移行できないことになり、年間216,000マイルを貯めることが可能です。

 

ブログ等で、よく「年間216,000マイル貯める方法」等あるのは、まさにこのハピタスで貯める方法を解説しているのでしょうね。

 

このような事情もあり、ハピタスで毎月20,000ポイント貯めるということが当面の目標です。

 

そして、その大きなウェイトを占めることになるのが、ハピ友ポイントというわけになるのです。

 

他のポイントサイト

「その1(ポイントサイト基礎編)」でも紹介しましたが、他にもポイントサイトはたくさん存在します。

 

その中で、ハピタスを超えるかもしれないポイントサイトとして、「PONEY」を再度紹介したいと思います。

無料で現金化!お小遣い稼ぎポイントサイトPONEY!

 

PONEYの最大の特徴

PONEYの最大の特徴は、なんといっても友達紹介の威力です。

3ティア制という形をとっており、紹介者の紹介者の獲得したポイント分も友達紹介のポイントとしてカウントされます。

f:id:anamileagesfc:20160920171641g:plain

f:id:anamileagesfc:20160920171757j:plain

この仕組みを最大限に活用すると、何もしなくても報酬が入るようになります。

いわゆる不労所得というようなものです(笑)

 

f:id:anamileagesfc:20160920172158g:plain

f:id:anamileagesfc:20160920172216j:plain

 

さらなる特徴は、

  • 毎月のポイント交換上限がない
  • ポイント加算対象外の案件がない

という点です。

 

特に1点目の「交換上限なし」は、大きな可能性を秘めています。

 

基本的な友達紹介の方法・ポイントはハピタスと大きく変わるものではないので、ポイントサイトを紹介する際は、ハピタスとPONEYをセットにして紹介していくのが良いのではないでしょうか?

 

PONEYについては、別記事にてまとめましたので、こちらをご覧下さい。

 

 

ANAマイルへの移行スケジュール

ここまで、各ポイントサイトの活用方法、ソラチカカードの特徴などを書いてきましたが、最終的には、いろいろなところで獲得したマイルを。ANAマイルに移行することが必要です。

 

上記の移行ルートにあるように、ドットマネー→メトロポイントメトロポイント→ANAへの移行には、最大60日の移行期間がかかってしまいます。

 

その理由は、メトロポイント、ANAそれぞれ、月1回しか締日がないからです。

この締日を逃してしまうと、さらに1ヶ月後の締日になってしまうため、最大60日かかってしまうという訳です。

 

でも、逆に締日を理解した上で移行を行えば、それぞれ30日程度まで移行期間を短縮することができます。

 

その点、ハピタス→ドットマネー もしくは、PONEY→ドットマネーは、1週間程度あれば移行完了しますので、ポイントが貯まる都度、移行しても構いません。

ハピタスなら毎月5日のハピ友付与の直後に移行と決めてしまっても良いかもしれません。

 

そのためのスケジュールは、以下の通りです。

  • ハピタス→ドットマネー     毎月6日に交換
  • ドットマネー→メトロポイント  毎月15日までに交換
  • メトロポイント→ANA     毎月11日~15日までに交換

この3つの移行スケジュールを手帳やカレンダーに記入し、忘れずに移行手続きを行えば、時間を無駄にすることはありません。

 

仮に1月6日にハピタスからのポイントを移行するとすれば、3月初旬(10日前後)には、ANAマイルに移行が完了します。

 

特にハピタスやPONEYでポイントがどんどん獲得できるようになってくると、このスケジュールに従って移行していかないと、どこかでポイント移行の渋滞が起きてしまい、毎月18,000マイルの移行が途切れてしまいます。

 

くれぐれもポイント移行の渋滞が起きないように、今のうちから、タイミング良く、定期的にポイント移行するクセを付けておきましょうね!

 

 

 

今回も長くなってしまましたが、ポイントサイトの活用について書いてみました。

ANAマイルを爆発的に増やすためには欠かせない内容になりますので、こちらを1つの参考として、活動していただければと思います。

 

続きはこちら!