ANAマイルのすすめ!

2013年にSFC取得済 ANAカードやポイントサイトで年間40万マイル貯める陸マイラー!  ANA特典航空券でファーストクラス・ビジネスクラスを楽しんでます。SPGアメックスも入会し、ホテルライフもアップグレード?

スポンサーリンク


車検でANAマイルを貯める方法 「ディーラー」「ユーザー車検」「ガソリンスタンド」・・・どれを選ぶか?




自動車税はクレジットカード払いが可能

f:id:anamileagesfc:20161025231204j:plain

車を持っている方は、毎年の自動車税と2年に一度の車検は避けては通れません。

毎年の自動車税の支払いについては、ここ数年で、多くの自治体がクレジットカード払いができるようになってきましたね。

車種によって金額はまちまちですが、それでも数万円の出費になります。

具体的な銭額は以下の通りになります。

 

区分通常の税額(エコカー減税適用前)
乗用車 総排気量1リットル以下 29,500円
総排気量1リットル超1.5リットル以下 34,500円
総排気量1.5リットル超2リットル以下 39,500円
総排気量2リットル超2.5リットル以下 45,000円
総排気量2.5リットル超3リットル以下 51,000円
総排気量3リットル超3.5リットル以下 58,000円
総排気量3.5リットル超4リットル以下 66,500円
総排気量4リットル超4.5リットル以下 76,500円
総排気量4.5リットル超6リットル以下 88,000円
総排気量6リットル超 111,000円

 

こちらの表を見ていただくとわかる通り、約3万円~11万円までの幅がありますね。

これをクレジットカード払いにするだけで、300マイル~1,100マイルを獲得することができます。

多くの方は、39,500円~45,000円に収まるのではないでしょうか?

でも、車が足がわりの場所に住んでいる方は1人1台の車を所有している場合もありますので、そういった方は、自動車税だけでそれなりのマイルが獲得できますね。

クレジットカード払いができる自治体に住んでいる方は、忘れることの無いようにしてくださいね。

ユーザー車検でマイルは貯まるか?

ディーラーや整備工場に車を持ち込んで車検を受けるのではなく、実際に自動車検査場に持ち込んで、自ら車検を受けることをユーザー車検といいます。

ユーザー車検については、こちらのページを参考にしてみて下さい。


自分の時間と労力を使って車検を行うので、その分費用は実費だけで済むので安く上がります。ただし平日でないとユーザー車検を受けられないので、土日がお休みの方は、平日に休みを取る必要があります。

ここ最近は、コストを下げるために自らユーザー車検を受ける人も多くなっているようですね。

私自身は、ここ数回は、費用を安く上げるためにユーザー車検を利用しています。

もともと車をいじるのも好きなので、全く苦になりません。

実際の体験の様子はこちらに少しだけ載っています。

結論ですが、上記の記事にも書いたように、ユーザー車検ではマイルは貯まりません。

支払いのほとんどが、法定費用と検査料であり、すべて現金払いで、クレジットカード払いには対応していません。

中には用紙代20円なんていうのもありますし(笑)

払えるのなら、iDで払いたい(笑)

 

では車検でマイルを貯めることができるのか?

何とか車検費用をマイルに変えることはできないのか?

 

馴染みのディーラーでカード払いができるなら安心感という意味でもマイル獲得という意味でも一番だと思います。

 

でも、ディーラーに義理はないし、できるだけ安く済ませて、マイルも獲得したいという贅沢なあなたには、以下の方法がオススメです。

 

その解決方法は、カード払いに対応している陸運局認証の店舗で車検を受けることです。

 

中には法定費用も含めて全額カード払いに対応しているところもあれば、法定費用以外の部分のみカード払いに対応しているところがあります。

 

実は、街の整備工場もあれば、車検を専門にやっているところ、ガソリンスタンド、実はいろいろなところで車検を受けることができるのです。

 

おすすめなのはガソリンスタンドかもしれませんね。

ガソリンスタンドだったら、車検以降は1年間は「給油1リッターあたり〇円引き」なんていうサービスがあるところもありますし。

 

ではどうやってそういった場所を探すか?

 

楽天車検を活用 

「楽天車検」を使えば、簡単に探すことができます。


そして、その「楽天車検」もおなじみのハピタスを経由することで、さらにポイントを獲得することが可能です。

f:id:anamileagesfc:20161025232209j:plain

 

ハピタスのポイント + 楽天でのポイント + 車検代のクレジットカード払い でポイントの3重取りができます。 

 

何か行動する時はまずはハピタス

陸マイラーの基本行動(笑)ですので、お忘れなく!

 

10月末までハピタスでは新規登録キャンペーンを展開中です。

登録してサービス利用すると、1,000ポイントANA900マイル)がもらえます。

キャンペーンの詳細はこちらをご覧下さい。


その他、ハピタスをはじめとしたポイントサイトの詳細は、こちらを参考にして下さい。

 

また「楽天車検」では、12月1日までの期間限定で、車検の見積もり&予約完了で、楽天スーパーポイントが1,600ポイントもらえるキャンペーン中ですので、ちょうど車検を迎える方はチャンスです。(事前エントリーが必要です。

f:id:anamileagesfc:20161025232754j:plain

 

楽天車検の使い方

まずはハピタス経由で楽天車検のページへ飛びます。(これは大事です)

楽天車検のトップページから、店舗を検索します。

f:id:anamileagesfc:20161026100627j:plain

ご覧のように、「郵便番号」または「エリア」から検索することができます。

お好みで検索していくと複数の店舗が見つかると思いますので、後は詳細を見ていただいて気になる店舗をいくつかチェックしてみて下さい。

 

例として、「エリアから探す」で、東京都世田谷区としてみると、このような画面が現れます。

f:id:anamileagesfc:20161026103441j:plain

 

一番右の価格欄は、一番安い値段(軽自動車)の費用を示していますので、あくまでも1つの目安にして下さい。

 

気になる店舗を選び、「詳細を見る」とクリックすると、詳細が確認できます。

見てもらいたいのは、「コースと費用」の部分です。

車種(例として大型車を選択しました)を選ぶと、費用概算が出てきます。

 

f:id:anamileagesfc:20161026103523j:plain 

 

で囲った部分は法定費用なので店舗によって違いはありませんが、で囲った部分はお店によって値段が違ってきます。

この例だと基本料金として26,600円となっています。

しかし、地域によりこの部分の値段はピンキリです。

我が家の近所だと10,000円というところもありますので、是非価格面からも検討してみて下さいね。

 

また「割引メニュー」のページでは各種特典なども書かれていますので、トータルでどこがベストか選んで下さい。

 

後は、見積もりと予約をして、当日は実際に車を預ければ完了です。

ガソリンスタンドなら、平日の朝に預け、帰りにピックアップということも可能です。

 

*ENEOSでの車検だと、ANAカードマイルプラス特約店なので、通常のクレジットカード決済分にプラスして、100円=1マイル付きますので、オススメです。

 

【ロータスクラブ】ANAマイレージ車検 2,000マイルキャンペーン

別の方法となりますが、キャンペーンを活用してマイルを獲得する方法もあります。

こちらは期間限定のキャンペーンです。


面倒なことはせずに、楽してマイルを貯めたいという方はこちらのキャンペーンを利用するのも手かと思います。

 

まとめ

車検でもマイルが貯められるのは、ここまで紹介したとおりです。

車って以外とお金がかかりますが、どうせ掛かるならマイルに結びつけないと損ですね。

ということで車検でマイルを貯める方法をお伝えしました。

自分で書いていて、安いからといってユーザー車検を利用していたのは損していたことに気が付きました(笑) 

次回からは楽天車検を経由して、ENEOSでの車検にしようとかと思います。

 

それではまた!