ANAマイルのすすめ!

2013年にSFC取得済 ANAカードやポイントサイトで年間40万マイル貯める正真正銘の陸マイラー!  ANA特典航空券でファーストクラス・ビジネスクラスの旅行を楽しんでます。SPGアメックスに入会し、スターポイントもどんどん貯めています!


スポンサーリンク


ANAマイルを貯める価値とは?




f:id:anamileagesfc:20160810091738j:plain

1マイル取得するための基本的なコストは100円

こちらのブログをご覧の方は、多少なりともマイルを貯めることに興味を持っている方だと思います。

 

では、その貯めたマイルの価値はどうなのか?

少しそんなことを書いてみたいと思います。

通常、ANAの場合は、100円利用で1マイル貯まります。

(ANAカード利用の場合)

 

もちろん、仕事の出張などでANAのフライトを使う場合は、実質的には無料でマイルは貯まりますが、そのような機会がなかなか無いので、フライト以外でマイルを貯めることになります。(これがいわゆる陸マイラーと言われるゆえんです。)

 

いかに低コストで1マイルを獲得できるかが、陸マイラーの面白み

普通にマイルを貯めれば、上記のように100円=1マイルとなりますが、陸マイラーたる強者たちは、1マイルをいかに低コストで貯めるかが関心事です(笑)

 

究極的には、コストゼロでマイルを貯めることです。

 

この方法については、ハピタスやPONEYといったポイントサイトの活用になりますが、別記事にて詳しく書いていきたいと思います。

 

参考までに関連した記事はこちらです。

 

www.ana-mileage-sfc.com

  

www.ana-mileage-sfc.com

  

提携サイトでのマイル獲得コスト 

ANAカード以外でANAマイルを貯める場合は、多少効率が悪くなってきますね。

例えば多くの方が使っている楽天市場では、100円利用毎に楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。


100円=1ポイントになりますが、ANAマイルに移行すると、楽天ポイント1:ANAマイル0.5となり、実質的には100円=0.5マイルとなります。

 

同様にTポイント(ヤフーショッピング等)の場合は、200円=1Tポイントとなりますが、Tポイント1;ANAマイル1となり、やはり100円=0.5マイルとなります。

 

こうしてみると、やはり提携ポイントの場合は、効率が悪くなりますね。

 

ANAカード+提携サイトの合わせ技

でも、楽天もヤフーも、クレジットカードで決済すれば、100円=1ANAマイル + 提携ポイントとなるので、100円=1.5ANAマイルとなり、1.5倍の価値になります。

 

そういった意味でも、ANAのマイルを貯めるには、ANAカードを持つことが必然となりますね。

 

ANAカードのおすすめはVISAブランド 

ANAカードは各ブランドから出していますが、私の一番のおすすめは、三井住友VISAのANAカード(ワイドゴールド)です。

 

このメリットについては、また別に詳しく書きたいと思います。

 

マイルを使うときの価値

 少し横道にそれましたら、一生懸命貯めたANAマイル、仮に10,000マイル貯めたとしたら、どう使うかがカギとなります。

 

もちろん、買い物に使えば、1マイル=1円相当として利用することが可能です。

 

10,000円として使うか、はたまた別の使い方をするか?

 

おすすめの使い方は、王道の特典航空券の利用 

陸マイラーとしては、やはり特典航空券での利用が一番オススメです。

例えばもう少しマイルを貯めて12,000マイルを貯めると、羽田・大阪間の特典航空券として利用できます。

 

ちなみに東京・大阪間は、普通運賃だと往復で約55,000円。最安値の特割で20,000円強となります。2倍から5.5倍に価値を高めることができるのです。

 

これは国内線の例ですが、一番価値が高まるのは、国際線の上級クラスの特典航空券の利用です。

 

例えばヨーロッパへ特典航空券で行こうとすれば、ファーストクラスで165,000マイル、ビジネスクラスで90,000マイル(いずれも通常期)になります。

ちなみにヨーロッパ往復のファーストクラスは260万円、ビジネスクラスで80万円強からとなります。

1マイルの単価で考えれば、15円相当になり、15倍の価値になりますね。

これが国際線の特典航空券をおすすめする理由です。

 

航空券に260万円も出すことはできませんが、16万マイルであれば、頑張れば十分に貯められるマイル数なのです。

 

書きたいことはまだまだあるのですが、長くなってしまったので、続きは次回にします。

 

それではまた!