ANAマイルのすすめ!

2013年にSFC取得済 ANAカードやポイントサイトで年間40万マイル貯める正真正銘の陸マイラー!  ANA特典航空券でファーストクラス・ビジネスクラスの旅行を楽しんでます。SPGアメックスに入会し、スターポイントもどんどん貯めています!


スポンサーリンク


宿泊は、小洒落たスイスグランドホテル上海 リーズナブルでビジネスにも観光にも便利 中国のネット環境も紹介




宿泊はSwiss Grand Hotel Shanghai

上海出張の宿泊先は、地下鉄2号線の静安寺駅近くのSwiss Grand Hotelです。

一応、5つ星のホテルになっています。

静安寺駅からは徒歩2分ほどと非常に便利な場所にあります。

f:id:anamileagesfc:20161107211245j:plain

会社指定のホテルで、カンパニーレートで若干安く泊まれました。

通常だと、Booking.com等の予約サイトを通して、1泊1万円強かと思います。

 

公式サイトはこちらです。

 → 上海の5つ星ラグジュアリーホテル - Swissotel Grand Shanghai

 

名前の通り、スイス資本のホテルです。

中国のホテルということで少し心配していたのですが、外資系ホテルなので、

キレイです。

 

ホテル内の様子

フロントロビー

エントランスを入って右手には受付があります。

非常にこじんまりとした受付で、チェックアウトの際の精算もここで行います。

チェックイン・チェックアウトともにタイミングが悪いと長蛇の列になります。

 

ちなみにこちらのホテルは、スイス航空の指定ホテルのようで、パイロット・CAさんご一行を何度か見かけました。

 

f:id:anamileagesfc:20161105220235j:plain

 

エントランス正面のエレベーターホール

4台のエレベーターが見えていますが、向かいにも4台あるので、計8台です。

大規模なホテルではないので、あまり待つことはありませんでした。

f:id:anamileagesfc:20161105220246j:plain

 

エントランス左手の様子。

こじんまりとしたカフェスペースになっています。

階段をあがった2階部分が、朝食スペースになっています。

f:id:anamileagesfc:20161105220259j:plain

 

部屋の様子

宿泊した部屋は、クラシックルーム。

一番リーズナブルなお部屋です。

キングサイズベッドにワークデスクが付いたタイプになるので、いわゆるビジネス向けでもOKな部屋です。

同じクラシックルームで、ツインベッドの部屋もあるようです。

 

部屋の入口から見た様子

キングサイズベッドの奥には、リラックスチェアがあり、その右手にはワークデスクがあります。

ワークデスクの広さは十分で、ノートPCと書類を広げての仕事も問題ありません。

f:id:anamileagesfc:20161105220322j:plain

 

こちらは部屋の中に入ってから撮った写真

f:id:anamileagesfc:20161105220328j:plain

 

そしてこちらは水回りです。

 

まずはベッド側から見た様子

右手前から、浴槽、トイレ、そして左奥はシャワーブースになります。

f:id:anamileagesfc:20161105220340j:plain

 

上の写真では写っていませんが、浴槽の向かい側には、洗面台があります。

洗面台周りには必要最低限のアメニティーグッズも揃っています。

f:id:anamileagesfc:20161105222132j:plain

 

こちらは浴槽の写真

結局一度も浴槽には入りませんでした。

f:id:anamileagesfc:20161105220354j:plain

 

こちらはシャワーブース。

通常のシャワーヘッド以外に、レインシャワーも付いていました。 

f:id:anamileagesfc:20161105220401j:plain

 

こちらはトイレ。

ウォシュレットだったら満点なんですが。。。。

f:id:anamileagesfc:20161105220407j:plain

 

朝食会場の様子

朝食会場は2階になります。

写真には写っていませんが、この左側がテーブルスペースになります。

100名以上は収容可能な広さです。

毎日こちらで朝食をとりましたが、時間が良かったのか、満席で待ったりすることはありませんでした。

 

こちらも写真には写っていませんが、右手には中華コーナーがあり、麺類や野菜などをその場で茹でてくれます。

f:id:anamileagesfc:20161105220419j:plain

 

これはとある日の朝食。

飲み物はコーヒーとジュース

クロワッサンに、ハッシュポテト、ベーコン、チャーハン、キャベツの炒め物を取りました。

この後、デザートをいただきました。

f:id:anamileagesfc:20161105222638j:plain

 

正直、あまり味は期待していなかったのですが、全般的に美味しかったです。

 

コンビニ 

上海では日系のコンビニがいたるところにあるようです。

ホテルを出て左手の道路を渡ったところには、ファミリーマートがあります。(ホテルから徒歩30秒)

こじんまりとしてお店ですが、最低限のものは揃っています。

お酒類も置いてあり、日本のビールも置いてあります。

またおつまみ系も馴染みのあるものが置いてありますので、お酒好きな方はこちらで買えば、部屋でゆっくりと飲むことができますよ。

 

近隣の様子

近くには駅の名称にもなっている静安寺があります。

中に入るとお金がかかるので外からだけ眺めました(笑)

f:id:anamileagesfc:20161107211409j:plain

 

また地下鉄駅にはいくつかのお店が直結していますが、そのうちの一つが日系デパートの「久光百貨店」です。

正確には香港と中国の合弁のようですが、そごうの資本が多少入っているようです。

いわゆるデパ地下には日本食のスーパー等もあるようですが、訪問していないので詳細は不明です。

 

f:id:anamileagesfc:20161107211454j:plain

 

こちらはホテルに一番近い地下鉄の入口です。

f:id:anamileagesfc:20161107211803j:plain

 

今回は上海浦東空港からはタクシーで移動しましたが、この入口のすぐ横にエアポートバスのターミナルがあり、バスでも便利なようです。

詳細はこちらをご覧下さい。

 

中国のインターネット環境

ホテル内には無料のWi-fiが飛んでいて、部屋の中でも利用可能です。

(ロビーフロアでも利用可能です。)

ノートPCやスマホ、タブレット何でもOKです。

ただし、ここは中国。

グレートファイヤーウォールの国です。

ホテルといえども、いろいろな制限がかかっています。

Google関連のサービスが使えなかったり、LINEなども使えません。

 

そこでおすすめなのは、VPNサービス。

有料で各種サービスがありますが、私の場合は1週間程度なので、無料の「Opera VPN」を利用しました。

 

PC向け

 

スマホ向け


これらを使えば、中国からではなく、仮想的に他の国からアクセスしている状態になるため、各種制限を受けずにネットを利用することができます。

(いずれも無料で利用可能です。)

 

ただし、サービス開始当初で不安定だったのか、はたまたホテルのネットワークのせいなのか、動作が不安定なこともありました。

 

中国に行かれる方は、出国前にソフトやアプリをダウンロードして設定して下さい。

(中国入国後だとダウンロードできない可能性があるため)

 

今回の出張では会社貸与のiPhoneとiPad(いずれもソフトバンク)を持っていき、グローバルローミングにて利用していました。

このVPNソフトを利用することにより、各種アプリは日本国内にいるときと同様に利用できました。

 

一方、プライベートのiPhone(シムフリー)も持っていきましたが、現地でのSIM購入はせずに、ホテルのwi-fi環境下でのみ使用しました。

上記のOperaVPNも事前に入れておきましたが、動作不安定で、LINEやG-mailなどはつながらないことの方が多かったです。

 

上記のことを考えると、現地ネットワークにつながる端末(ローミングまたは現地SIM等)をもって行く、またはモバイルルーターをレンタルするなどした方が良いかもしれません。

 

今回は、宿泊したスイスグランドホテル上海と現地ネットワーク環境の内容でした。

 

次回は、唯一の観光となった外灘訪問記についてです。

 

続きはこちら!