ANAマイルのすすめ!

2013年にSFC取得済 ANAカードやポイントサイトで年間40万マイル貯める正真正銘の陸マイラー!  ANA特典航空券でファーストクラス・ビジネスクラスの旅行を楽しんでます。SPGアメックスに入会し、スターポイントもどんどん貯めています!


スポンサーリンク


ウィーンでiPhone(SIMフリースマホ)を使うなら、T-MobileのSIMがオススメ!




 

ウィーン旅行では、現地でSIMカードを購入し利用しました。

とってもお得なSIMカードでしたので、これからオーストリアに行かれる方にはオススメです。

 

iPhoneを海外でも使いたい

自分が使っているiPhone(スマホ)をそのまま海外でも使いたいという方は多いと思います。

でもその時ネックになるのは、料金ですよね?

国内キャリア契約のスマホをそのまま海外で使うと、海外ローミングの費用が結構かかってしまいます。

定額制のものもありますが、それでも1日あたり1,980円とかかかってしまいます。

 

 

もし国内キャリアのスマホを持っているなら、安く海外で使う方法は、wi-fiルーターのレンタルが一番かもしれません。

 

ANAマイレージクラブ会員の方なら、ANAマイレージモールの「 海外WiFiのWi-Ho!」を利用すれば、100円で7マイル獲得できます。

f:id:anamileagesfc:20170916205856j:plain

 

詳細は、以下のURLをご覧下さい。


こういったwi-fiルーターをレンタルしていけば、自分のスマホだけではなく、家族のスマホや、タブレットなど複数台接続できるので、複数台の接続が必要な方にはオススメです。

 

スマホを海外で使う理由

よほど通信環境の悪い地域でなければ、最近は多くの場所で、フリーで使えるwi-fiがあります。

ホテルでもほとんどのところでは、ホテル内でWi-fiが利用可能だと思います。

そういう点では、ネットやメールなど基本的な機能は、ホテルに戻ってしまえば苦も無く利用できますね。

ただ、「どうしても外出先や移動中に調べものがしたい」となると、wi-fiルーターや、現地SIMなどが必要となってきます。

私の場合は、まさにその理由と、もう1つは、iPhoneで撮った写真の位置情報が残りたかったからです。

我が家は家族3人ともiPhone(SIMフリー)ですが、3人とも接続する必要性もなかったので、自分の分だけ現地SIMを購入しました。

家族分の接続が必要な時は、テザリングすれば良いわけですし。

 

オーストリアの現地SIM

現地で購入できるSIMは、何社かあるようです。

  • A
  • T-mobile

このうち、事前にネットで調べて一番お得な「T-Mobile」を利用することにしました。

何と料金は、30日間10GBで15ユーロです。

旅行期間は5日間ほどなので、ここまで必要がないかもしれませんが、これだけあれば、データ量は気にせず使うことができます。

家族分をテザリングしても全く問題ないでしょう。

 

T-MobileのSIMが購入できる場所

大変残念なことに、T-MobileのSIMは空港では購入できず、街中のショップでしか購入できません。

さらに残念なことに、日曜日はお休みです。

もし急ぎで必要な方は、他の会社のSIMを空港で購入することもできるようなので、そちらをオススメします。少なくとも、日本からWi-fiルーターをレンタルしていくよりははるかに安く購入できると思います。

 

SIMが購入可能なお店が以下のURLから探すことができます。


ドイツ語なのでわかりにくいかもしれませんが、ウィーン市内であれば、以下のように入力してもらえば、該当のお店が表示されます。

f:id:anamileagesfc:20170309174053j:plain

 

私が行ったショップは、ホテルから一番近い、「ケルントナー通り店」です。

ホテルからは歩いて5-6分というところにありました。

 

f:id:anamileagesfc:20170309174622j:plain

SIMの購入

ウィーン到着日が日曜日だったため、翌日の月曜日午後にショップへ行きました。

f:id:anamileagesfc:20170313202554j:plain

 

少々混んでいました。

日本の携帯ショップなどと同様に番号札を取って、待つこと15分ほど。

やっと順番が回ってきました。

購入したのは、目星をつけておいたこちらの商品。

(後日撮影したので、外装がボロボロなのはご容赦下さい。)

f:id:anamileagesfc:20170313202622j:plain

 

もしかしたら、すでに同じものはないかもしれませんが。。。。。

 

クレジットカードで購入し、その後、お店の人にSIMの装着をお願いしたら、すぐにその場でやってくれました。

PINナンバーを入力したりする必要があるようですが、そちらもすべて対応してくれました。

iPhoneの言語も日本語のままにしていましたが、言語も変えることなく対応してくれましたので、慣れているんでしょうね。

(もともと装着されている日本のSIMを失くさないように、くれぐれも気を付けて下さい>)

 

SIMには、元々切り込みが入っていて、どのサイズのSIMにも対応できるようになっています。ですので、アンドロイド端末でも、apple端末でも対応可能です。

(ケースの中身はこんな感じです。左側に説明書き、右側にSIMカードが入っています。)

f:id:anamileagesfc:20170313202709j:plain

自分で装着する自信のない方は、お店の人に気軽に頼むと良いと思います。

作業自体は、ものの2-3分です。

 

ちなみに私は、iPhoneのSIMトレイに差すピンを忘れていったので、いずれにしても自分では換えられませんでしたけど(笑)

お陰で帰国して自宅に戻るまで、そのままSIMを差しっぱなしにしていました。

自分でSIMを換えたい方は、ピンを持参することをお忘れなく!

 

装着後は、iPhone上の表示も、ちゃんとT-Mobileと表示されています。

LTEもちゃんと機能しているようです。

 

f:id:anamileagesfc:20170320200720j:plain

 

早速、ホテルで待っている妻にFacetimeで連絡してみて、開通を確認しました。

 

使用した感想

スピードテストをしていないので、実際にどの程度のスピードが出ているのかは不明です。

しかしながら、Web等を見ている感覚としては、日本でLTEを使っている時と何の遜色もありません。

 

オーストラリアだけではなく、ドイツなどの周辺国でもそのまま使えるようです。

ウィーンを観光してからドイツに行かれる方は、ウィーンで購入しておくと便利かと思います。

ネット情報によると、もちろんドイツ国内でもSIM購入はできますが、ここまで安くデータ量が多いプランは無いようです。

 

もちろんオーストリア国内であれば問題ないので、ザルツブルクに日帰り旅行した際にも調べものに大活躍でした。

 

結局、旅行中に利用したSIMは、目いっぱい利用しましたが、3-4GB程度。

iPadや家族のiPhoneもテザリングで使いましたが、ホテル内ではWi-fiが使えるので、さすがに10GBは使い切れませんでした。

 

でも、費用も安くお得なSIMですので、現地でSIMを購入しようと思う方にはオススメです。

 

関連記事