読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルのすすめ!

2013年にSFC取得済 ANAカードやポイントサイトで年間40万マイル貯める陸マイラー!  ANA特典航空券でファーストクラス・ビジネスクラスを楽しんでます。

スポンサーリンク


ANA特典航空券が取れなくて困った時に! ANAスカイコインの便利な使い方!




特典航空券が取れない!

f:id:anamileagesfc:20170222211444j:plain

十分に時間をかけて旅行の計画を立てていれば、国内線特典航空券の予約開始(2ヶ月前)に十分間に合いますが、2ヶ月を切ってから、旅行等で特典航空券を取りたい時があると思います。

 

でも日程はどうしても土日を絡めたい、GW、お盆、シルバーウィーク、年末年始などに使いたいが特典航空券が使えない時期にあたる、または、すでに希望の日程で空席ないということが普通にあります(笑)

 

かといって、普通に航空券を買うには高いし、宿泊先のホテルも別に押さえなければならないので、かなりの費用になってしまいます。

 

そんな時は、貯まっているマイルをANA SKYコインに換えて利用するのがおすすめです。

 

ANA SKYコインとは?

簡単に言ってしまえば、ANA専用の電子クーポンです。

手持ちのマイルを1マイル=1コインとして交換できます。

でも、ANAマイレージ会員やANAカードホルダーは、その属性によって、1.2-1.7倍の比率で交換することができます。

f:id:anamileagesfc:20170222204954j:plain

 

こんな動画もありますので、興味のある方はご覧下さい。


こんどの旅に、すぐ使える。ANA SKY コイン

 

ただし、利用用途は限られています。

使えるのは、

  • 国内線航空券
  • 国際線航空券
  • 国内旅行ツアー商品
  • 海外旅行ツアー商品

の4種類のみです。

 

国際線特典航空券の諸費用の支払いなどには利用できないのです。


そのため、SKYコインは持っていたけど、使わずに失効してしまったという方もいるのではないのでしょうか?

 

実は私も数年前に12,000コイン失効してしまいました。


失効してしまう主な理由は、「アップグレードポイントを使わなかったのでSKYコインに移行したけれど、飛行機に乗る機会がなかった」が多いと思います。

 

SKYコインのその他詳細についてはこちらのページを参考にして下さい。


ANA SKYコイン+旅作の組み合わせがオススメ

旅作とは、航空券と宿泊、オプションを自由に組み合わせることができるフリープランです。国内・海外ともに手配することができます。

一番のメリットは、航空券と宿泊を別々に手配するよりもかなり安く手配できることです。

旅作の詳細については、こちらをご覧下さい。


この旅作を、ANAマイルから交換したSKYコインを使って購入してしまうのです。

 

もしマイルが5万マイル貯まっていて、ANAカードを持っていれば、1.5倍になるので、75,000コイン(=75,000円)になります。

 

このSKYコインを使って旅作を予約してしまいましょう。

SKYコインが足りなくても、不足分はANAカードで支払うことが可能です。

ANAカードで払えば、ANA利用分は100円=2マイルになりますよ。

さらに特典航空券だったらフライトマイルはどこまで行ってもゼロですが、旅作でのフライトなら、積算率は50%ですが、ちゃんと積算されます。

さらにはプレミアムポイントも付きますので、SFC修行の一部としても

活用できますね。

こちらは昨年10月に旅作を利用したときのフライトマイルの積算状況です。

f:id:anamileagesfc:20170222212712j:plain

 

この時は、連休で大阪に行く予定があったのですが、急に決まったため、すでに希望の日程の特典航空券は満席でした。

 

新幹線+ホテルのツアーで行くことも検討しました。

新幹線利用の場合は、JR東海ツアーズのツアーが意外にお得なのでオススメです。

 

宿泊先は神戸ベイシェラトンにしたかったのですが、すでに該当のツアーは売り切れだったため、旅作を使って行くことにしたのでした。

 

神戸ベイシェラトンは、天然温泉があるので、阪神地区に行かれる方で場所にこだわりがなければおすすめです。


「往復飛行機代+シェラトン2泊 × 家族3名」で総額13万円ほどだったので、バラバラに手配するよりも相当安く手配できました。

5万マイルを 1.6倍(SFC)で交換し、残りの5万円をANAカードで支払いました。

マイルをもっと使うことも可能でしたら、翌年の夏の旅行に備えてあまり消費したくなったのです(笑)

 

実際にどの程度安く手配できるかは、旅行時期と宿泊先ホテルのグレード等でも変わってくるので、興味があれば、一度バラバラに予約する場合と旅作とで比較してみると良いと思います。

 

SKYコインは、自力で貯めることもできる

SKYコインはマイルから交換するだけでなく、各種サービスの利用や、提携ポイントからの交換でも貯めることができます。

 

f:id:anamileagesfc:20170222213321j:plain

 

詳細については、以下のURLをご覧下さい。

 → https://www.ana.co.jp/amc/promo/skycoin/?tab=tabContent_tameru

 

中途半端に貯まったマイルの活用先として

自ら貯めたANAマイルの有効期限は、最長で3年間です。

ダイヤモンド会員だと無期限になりますが、ダイヤモンド会員になるには一苦労です(笑)

そのため、3年間マイルは貯めたものの、「特典航空券交換には少し足りない」ということもあるかと思います。

また、特典航空券に交換可能なマイルはあるものの、「休みの関係でマイルの有効期限が切れてしまう」という場合もあるでしょう。

そんな時は、期限切れ前にSKYコインに交換してしまいましょう。

SKYコインに 交換すれば、有効期限は1年間になりますが、少なくともマイルを失効してしまうよりは、全然良いですね。

 

SKYコインの価値は?

「SKYコインとは?」のところで表を載せていますが、1マイルが1.2-1.7倍になるので、1.2-1.7円の価値になります。

 

マイルで特典航空券を取れば、それ以上の価値になりますので、特典航空券を確保する方がマイルの価値を高めることができます。

 

ちなみに国際線特典航空券を例にとれば、

欧州線ファーストクラスは、往復で165,000マイル必要になりますが、定価250万円程度なので、1マイル=15円程度

欧州線ビジネスクラスだと、往復85,000マイルで、定価が80万円程度なので、1マイル=9.4円程度となります。

 

こうしてみると、やはり特典航空券の方が圧倒的に有利ですので、SKYコインは、どうしても特典航空券が確保できない時の最後の手段として捉えるのが良いです。

 

やはりマイルを多く貯めるのが有利

例えSKYコインを利用することになったとしても、ANAマイルを多く持っていることが何よりも有利です。

交換マイル数が多い方が、交換率が高くなるからです。

 

そして、ANAマイルからSKYコインに交換するには、プレミアムメンバーまたはANAカードを持っていることで、より高い率で交換できます。

とはいっても、すぐにプレミアムメンバーになれるわけではないので、まずは手軽なところで、ANAカードを持っておくことが大事です。

 

これからANAカードを作ろうと思っているかたは、以下の記事を参考にして、少しでも多くのマイルやポイントを獲得して下さい。たったひと手間で、500マイル~最大5,500マイルも多く獲得できます。

 

また、マイル自体をどんどん貯めたい方は、こちらの記事も参考にして下さい。


以上のように、特典航空券が取れないからといってすぐにあきらめずに、SKYコインを利用するなど、別の方法で、少しでもお得に旅に出ましょう。

 

関連記事