MENU

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

カテゴリー

ANAやJALのマイルを貯めるために持つべき最強のクレジットカードは?!

【ANAマイル獲得を加速する】年間30万ANAマイルを貯めるには協力も必要!

年間216,000マイル以上貯める方法

「その4(ポイントサイト応用編)」にて、上限は年間216,000マイルと書きましたが、これは自分一人でマイルを貯める場合です。では、さらに貯めるにはどうすれば良いのでしょうか?
【ポイントサイト(ハピタス等)応用編】ANAマイルの貯め方を加速するための活用法!

移行ルートの複線化

それは、ルートを2つ作ることです。要は、ポイント移行の最後の部分、メトロポイント→ANA の部分を複線化するということです。残念ながらメトロポイントのためのソラチカカードは、1人で1枚しか持つことはできません。ここからは、身内の協力が必要です。家族(配偶者や親兄弟)がいれば、その人にソラチカカードを作ってもらえば良いのです。
そうすれば、2人で合わせて432,000マイル、3人で648,000マイル貯めることも可能なのです。
でも、ソラチカカードを作る時に気を付けて欲しいのが、家族カードではなく、本会員としてカードを作ることです。家族カードの場合は、メインとなるカードに紐づけられてしまい、1枚のカードと同じ扱いになってしまうのです。それぞれ本会員としての年会費はかかってしまいますが、必要経費として割り切って下さい(笑)
結婚していて、共に収入のある方であれば、夫婦で1枚ずつ発行してしまえばOKです。(追記;専業主婦(主夫)でも本会員カードの発行が可能です。)私もやっと妻の協力を得ることができました(笑)
ANAマイルを2倍貯める! ソラチカルート複線化がいよいよ始動!


さらに、ANAのマイレージに関しては、家族分のマイレージを合算できる「ANAカードファミリーマイル」という制度がありますので、そちらを利用します。 ですので、イメージとしては、家族それぞれがマイルを獲得するための活動を独自に行い、獲得したポイント/マイルをANAに移行し、そのマイルをメインとなるマイレージ番号に紐づけて合算するという感じになります。何も、すべての活動を別々に行う必要はありません。
すでに自分の活動でハピ友が多くいて、毎月30,000ポイント以上獲得できている場合には、今ブログやTwitter等で紹介しているバナー等を、家族のものに変更してしまえば、家族分としてのハピ友が増えてくるでしょう。

今回のまとめ

今回ご紹介したように、ポイントサイトの複線化で、家族の協力のもと、2馬力・3馬力でポイントを獲得することが可能になります。

ポイントとなる点は、

  • 家族の協力のもと、ソラチカカードを本会員として作成する
  • ハピタスと共に、PONEYなどの他のポイントサイトの友達紹介にも力を入れる

の2点です。

ただ、1つの大きな問題は、「あまりマイルを貯めすぎても使い道に困る」ということでしょうか? まあ、それはそうなったで、悩めば良いという幸せな悩みです。

今回はさらにマイル加算を加速する方法をお伝えしました。

次回は、いよいよ最終回のまとめです。
年間30万ANAマイルを貯めるコツ・裏技を公開!実践すれば簡単・大量にマイルが貯まる!(2018年8月最新版)

Facebook Twitter
SHARE