マイルを貯めるために持つべきクレジットカードは?!

羽田空港国内線・国際線駐車場を確実に予約する裏技!予約が取れなかった時はどうする?

羽田空港駐車場を予約する裏技

羽田空港の駐車場混雑が大きな話題に

f:id:anamileagesfc:20161003130325j:plain

羽田空港利用者が増えており、その余波を受けて、駐車場満車問題が何かと話題となっています。
国際線だけではなく、国内線も、それも年末年始やお盆、ゴールデンウィークなどの超繁忙期だけではなく、下手をするとふつうの週末でも混雑しているようですね。
以下の記事は先日のYahoo!ニュースにも取り上げられたので、見られた方もいるのではないでしょうか?
以下は実際の記事の一部を引用したものです;

飛行機に乗り遅れる旅客の姿も

今年の夏休み期間中、東京・羽田空港ではある問題が発生していた。国内・国際線の各ターミナルビルに直結する駐車場の大混雑だ。合計で約1万3000台を収容する5つの駐車場すべてで満車状態が目立ち、飛行機の出発に乗り遅れてしまった旅客の姿も見られた。ピークは8~16時頃。最大3時間以上の待ち時間となる日もあった。
以前から、ゴールデンウイーク(GW)やお盆の帰省ラッシュ期間、年末年始などのいわゆる繁忙期にこのような現象がみられたが、この夏休みについてはお盆に限った話ではなかった。8月下旬の夏休み最後の平日までかなり混み合った状態が続いたのだ。「空前の大混雑」と言ってもいい。

すべて「満車」の表示が……

ターミナルビル直結の駐車場は、複数の運営主体がある。国内線第1ターミナル北側の「P1」(2351台)と第2ターミナルの南側の「P4」(2425台)は日本空港ビルデング、国内線第1ターミナル南側の「P2」(2343台)と第2ターミナルの北側の「P3」(2450台)は財団法人空港環境整備協会、そして国際線ターミナルの駐車場(3000台)は東京国際空港ターミナル(TIAT)だ。
空港の駐車場を使うのはみずからが飛行機に乗る旅客と、家族・知人などの送迎や空港のレストラン、展望デッキなどに遊びにくる一時利用者に大きく分けられる。個人的にも羽田空港の駐車場をよく使う筆者から見て、自家用車を停めて旅立つ人のほうが多いように感じる。
その旅客数はかつてないほどに増えている。羽田空港は2014年春に国際線の発着枠を大幅に拡大。国土交通省東京空港事務所によれば、2015年の年間旅客数は前年比3.5%増の7532万人と開港以来最多となった。

ー以下略ー

記事全文は以下のサイトでご覧下さい。

羽田空港駐車場の事前予約

引用記事の後半部分でも事前予約のことがふれられています。
せっかくの旅行の出だしでつまずくことの無いように、駐車場の予約をしっかりとしておきたいですね。
家族旅行であれば、これをしっかり行っていれば、お父さんの株も少しはあがるかもしれません(笑)
空港には必ず車で行く我が家にとっても、羽田空港駐車場問題は死活問題です(笑)

羽田空港駐車場の概要

まず、羽田空港には、国内線に4か所、国際線に1か所の駐車場があります。
(国内線ターミナル駐車場)

f:id:anamileagesfc:20171016143827j:plain

(国際線ターミナル駐車場)

f:id:anamileagesfc:20171016143948j:plain

また、国内線ターミナルの各駐車場については、リアルタイムで満車・空車情報も見ることは可能です。

羽田空港駐車場予約の概要

駐車場の概要は以下の通りです。
第1駐車場は予約不可ですが、その他の駐車場は事前予約が可能になっています。

駐車場名ターミナル予約開始最大予約期間リンク
第1第1(JAL)(予約不可)
第2第1(JAL)30日前14日間https://hnd-rsv.aeif.or.jp/airport/entrance/0000.jsf
第3第2(ANA)30日前14日間https://hnd-rsv.aeif.or.jp/airport/entrance/0000.jsf
第4第2(ANA)30日前14日間https://haneda-p4.jp/airport/entrance/0000.jsf
国際線国際線30日前20日間https://pk-reserve.haneda-airport.jp/airport/entrance/0000.jsf

見ていただいた通り、国内線側の駐車場(第2~第4)は、予約開始と最大予約期間は全て共通です。
国際線だけ、最大予約期間が少し長めになっています。

事前予約の方法

それぞれの駐車場は、運営元が違っているため、個々の駐車場について事前の登録が必要になります。いざ予約となった際に慌てることのないように、あらかじめ登録だけ済ませておくことをおすすめします。
JAL国内線を利用予定の方は、第2駐車場のみ登録すればOKですが、ANA国内線を利用予定の方は、第3・第4駐車場ともに事前予約が可能です。
両方とも登録しても結構ですし、決め打ちでどちらかだけでも問題ないでしょう。
登録にあたっては、車の登録情報(ナンバー情報)が必要になりますので、手元に控えておいて下さい。

実際に予約する際にポイントとなる部分は以下の点です。

  1. 予約の際にカギとなるのは、旅行終了日
  2. 国内線駐車場(第2~第4駐車場)については、予約は30日前から最大14日間予約できるので、旅行終了日の44日前から予約可能
  3. 旅行終了日の44日前に予約をし、暫定的に14日間分の予約をする
  4. 旅行開始日の30日前の時点で、駐車場入庫日を旅行開始日に変更する

国際線も同様の考え方で、3の部分だけアレンジすればOKです。
ちなみに国際線の場合は、以下のようになります。

  1. 予約の際にカギとなるのは、旅行終了日
  2. 国際線駐車場については、予約は30日前から最大20日間予約できるので、旅行終了日の50日前から予約可能
  3. 旅行終了日の50日前に予約をし、暫定的に20日間分の予約をする
  4. 旅行開始日の30日前の時点で、駐車場入庫日を旅行開始日に変更する

特に重要なのが、それぞれ3と4になります。この方法を行えば、確実に予約することが可能です。
マイラーの方は、特典航空券の予約と同じ考え方といった方がわかりやすいかもしれませんね!
日数を計算する際には、便利な日付計算サイトがあるので、こういったサイトを活用下さい。

実際の予約画面は、非常にシンプルですので、あえて画面キャプチャー等は載せませんので、ご了承下さい。

いつ予約すればいいのか?

私も先日、上記の方法で予約しましたが、44日前(国内線利用)の朝の段階では問題なく予約することができました。
おそらく夜中の12時を過ぎ、44日前(国内線利用)になった瞬間から予約可能になると思われますが、試していないので、不明です(笑)
夜中とか早朝とはいいませんが、特にゴールデンウィークや夏休み期間、お盆、シルバーウィーク、年末年始などの超繁忙期にあたる時期は、44日前のなるべく早い時間帯に予約作業をすることをおすすめします。
忘れることのないように、カレンダーや手帳に予定を入れて、リマンダー設定をするのが良いのではないでしょうか?
ちなみに2016年の夏休み期間に国際線駐車場を予約しようとしましたが、すっかり駐車場予約を忘れていて、30日前も過ぎていました。当然予約は取れず、当日までハラハラドキドキしたしました。(結果的にすんなり入庫できたので良かったのですが。下の記事はその時の内容を書いたものです。)

ちなみに2017年の夏の旅行の際には、しっかりと駐車場を予約しました。(その時の記事は後日掲載予定です。)
なにぶん予約枠自体がそんなに多くはないですし、万が一予約が取れないと、長時間の駐車場待ち、最悪は駐車できないなんて事態になりかねませんからね。
それぞれの駐車場にて、予約料金として1,000円かかりますが、精神衛生上必要なコストとして割り切って下さい(笑)
せっかくの旅行ですから、スマートに旅に出たいですね。

予約が取れなかった場合の対応方法

羽田空港の駐車場は、事前に予約できる台数が限られています。
しかし、予約が取れなかったからといって、駐車できないというわけではありません。

ただし、特に繁忙期は、多くの人が車で来るので、冒頭の記事のように長時間の駐車場待ちが発生してしまいます。駐車場も予約も、日によって刻々と状況が変化していきますので、予約開始日に予約できなかったからといってあきらめることなく、毎日チェックすることをおすすめします。

それでも予約が難しかった場合は。。。。。。

相当早く駐車場に行くことをおすすめします。
国内線はなんとも言えませんが、国際線の場合は、朝~午前中の便で帰国する人もいますので、駐車場にも動きがある可能性がありますよ。仮に早く着いて満車であっても、家族はターミナルで降ろして、ターミナルで遊んでもらうのは良いのではないでしょうか? お土産ものも売っていますし、屋上展望台から飛行機も見られますしね。それでも時間があれば、ラウンジ等でくつろいで待っていてもらっても良いかもしれません。ANAやJALなどの航空会社の上級会員ステータスを持っていれば、先に制限区域に入り、それぞれのラウンジでゆったりすることができます。

もしくは、各社のゴールドカードを持っていれば、有料の空港ラウンジを無料で利用することが可能です。もしゴールドカードを持っていない場合は、この機会に作ってみてはいかがでしょうか? 比較的リーズナブルに持てるゴールドカードも多数あります。

お父さんは、入庫できるまでの間、辛抱強く駐車場待ちしましょう。。。。。

【裏技】他のターミナルの駐車場を利用してしまうという手もあります。

特に国際線駐車場と国内線駐車場では、出発・到着時間の関係からピーク時間がずれています。例えば国内線は、やはり午前中出発の人が多いので、朝から昼までが1つのピーク時間になります。一方の国際線は昼間はそれなりに出発・到着がありますが、夜出発の便も多いので、夕方から夜というのが1つのピークになります。

このピークの差を利用して、比較的すいている他ターミナルの駐車場を利用してみようという方法です。

第一ターミナル・第二ターミナル・国際線ターミナルの間には無料シャトルバスが巡回していますので、15-20分ほどで他のターミナルに行くことができます。その時は、先に出発ターミナルで荷物と同行者を降ろして、自分と車だけで他ターミナルの駐車場に行くことをおすすめします。でないと大きな荷物を持ってのターミナル移動は面倒ですからね。ターミナルの移動は少し面倒ですが、長時間の駐車場待ちで結局出発ギリギリ、または乗り遅れたなんでことになるよりははるかにいいですね。

もしかして航空券買っていませんか?

飛行機で旅行に行くとなると、どうしてもそれなりの費用がかかってしまいます。ましてや、毎年飛行機に遠方の実家で帰省となると、家族全員分の飛行機代だけで、下手すると、10-20万円もかかってしまいますよね。

そんな飛行機代を無料にしてみませんか?
そんなの無理でしょう?

という声も聞こえてきそうですが、決して無理な話ではありません。マイルを使った特典航空券や、ホテル上級会員制度をフル活用する方法があるのです。

ANAの例になりますが、ANAカードは持ってマイルを一生懸命貯めているけど、「特典航空券が取れるほどマイルが貯まらない」という方は、こちらの記事を参考にして下さい。

クレジットカード決済だけだと、家族旅行で国内旅行に行くにもマイルはなかなか貯まりません。ましてや海外に行こうと思ったら、何年かかってしまうか。。。。
でも、マイルが貯まる仕組みを理解して実践すれば、旅は日常になり、好きな時に好きな所へ旅行に行くことが可能になります。
年に数回の海外旅行もアリですし、毎月国内旅行なんてことも可能です。
正しい知識が得られれば、マイルは驚くほど貯まるのです。
決してはやましいことをするわけではありませんので、ご安心下さい。
ANAマイルを年間30万マイル以上貯める方法は、こちらの記事をご覧下さい。

実際に私自身は、2017上半期だけで30万ANAマイルを貯め、最終的には年間で100万ANAマイル相当を貯めました。

おかげで普通のサラーリマン一家の我が家も、海外旅行では、ANA特典航空券でファーストクラスやビジネスクラスを確保して、航空券代は諸費用のみで利用しています。
 *こちらは妻の2度目のファーストクラス搭乗記です。

また、旅行ならホテルを確保する必要がありますが、ホテルもあることをすれば、無料もしくは格安で宿泊することもできます。
それは、こちらのSPG(Starwood Preferred Guest)アメリカンエキスプレスカードを持つことです。
このクレジットカードに入会するだけで、シェラトンやWESTIN、マリオットやリッツカールトンなどといった高級ホテルの上級会員資格を得ることができます。部屋のアップグレードなどの嬉しい特典があります。また無料宿泊の特典もありますので、高くなりがちな旅の費用を抑えるためにも、また旅行を豪華に快適にするためにもオススメです。
年会費は高いのが最大のネックですが、入会初年度から無料宿泊を活用できるお得な入会方法もありますので、初年度から十分にモトは取ることができます。
私自身も年会費の高さから入会を躊躇していましたが、結果的には「もっと早く入っておけば良かった」と後悔しています。
SPGアメックスカードのメリットやデメリット、お得な入会方法等はこちらの記事をご覧下さい。

そして、このSPGアメックスのポイント制度を活用し、スターポイントを貯めれば、ANAやJALだけではなく、合計34社のマイルに移行することもできます。
こういった方法もうまく利用して、せっかくの旅行をなるべくリーズナブルに、でも思いっきりグレードアップして、楽しい思い出を作りましょう。
うまく利用できれば、同行者である家族や恋人から、きっと「頼もしい」イメージを持ってもらえ、株も上がるのではないでしょうか?
あとは旅行に行くためにきちんと休みを確保することが大切です。
でも、これが日本のビジネスパーソンにとっては一番難しいかもしれませんね。

旅行に行くときに必要なスーツケースやパスポート周りは、リーズナブルで使い勝手の良い無印良品がおすすめです。

少し横道にそれましたが、今回は、羽田空港の駐車場を混雑時でも事前に予約する方法について書いてみました。
この情報が皆さんのお役に立ちますように!

この記事が役にたったなら、応援の意味も込めて、こちらのバナーを1クリックお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

*こちらのリンク先では、旅行やマイルに関するお得な情報が刻々と更新されていますので、一度眺めてみて下さい。

関連記事