Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
高級ホテルの上級会員に早く・安くなれる裏技!VIP待遇で優雅なホテルライフを!

羽田空港にて次期政府専用機ボーイング777-300ERを目撃!安倍首相が視察!これから離陸シーンを見るチャンスがあるかも!

羽田空港着陸後の機内から新政府専用機ボーイング777-300ERを発見

昨日夜、出張先から羽田空港までいつものようにANA便にて帰京しました。

着陸はA滑走路(34L)でしたので、第1ターミナルを右に眺め、B滑走路手前で右折し、第2ターミナルに向かっていました。

ちょうど窓際に座っていたこともあり、何の気なしに外を眺めてみると、どこかで見たことのある白と赤のカラーリングが。。。。。

何と、いつもニュースをウォッチしていた新政府専用機ボーイング777-300ERではありませんか!

急いでiPhoneを取り出して写真を撮りましたが、ボケボケです。。。。

実際、目にした印象は、白い機体に赤のカラーリングがスマートな印象でした。

もっとじっくり見たかった。。。。。こんな日に限って、誘導路も空いていて、かなりのスピードでタキシングしていきました。

降機後にFlightradar24にて状況を確認

こういった時に役立つのが、Flightradar24です。

Flightradar24については、以前のこちらの記事もご参照下さい。

最新の航空機事情を追いかける! 情報収集のためのWebサイト等を厳選して公開します!

早速、Flightradarにて、新しい機体番号「80-1111」を検索してみましたが、表示されません。元の機材番号「N509BJ」で検索すると、情報が現れました。

本日(10月19日)時点の情報を見てみると、すべて「N/A」となっていますが、一番左下の「Playback」をクリックしてみると、

確かに千歳から羽田空港に飛行したことが確認できます。

やはり私が見た飛行機は、間違いなく「次期政府専用機」でした。

写真を撮りに、羽田空港屋上展望デッキへ

帰宅のためのリムジンバスまで少し時間があったので、急いで屋上展望デッキを目指してみます。

すでに時刻は20:30頃で、屋上展望デッキには人がほとんどいません。展望デッキの端まで歩きます。残念ながら政府専用機方面は見通しが悪く、かつ扉が設置されていて、写真撮影が困難です。

そんな中、撮れた写真がこちらになります。

iPhoneのカメラを望遠最大にして撮りましたが、夜とうこともあり、これが限界でした。

これ以上近づく方法が思いつかず、後ろ髪をひかれながらも、展望デッキを後にしました。

羽田空港のANA Shopへ寄り道

帰宅のためのリムジンバスを待つ間に、急いでANAショップへ寄り道しました。

ガラスウィンドウには、次期政府専用機のモデルプレーンも展示されています。

 

プライス表示上は、新しい機体番号「80-1111」と変更されているのが、心憎いですね。

個人的に白い機体に赤いラインのカラーリングは好きなのですが、機体下部後部にある水色っぽい塗装はやぼったくて好きではありません。

どうせなら、最近のJALのように、すべて白にしてくれた方がスマートな印象だったのではないでしょうか?

羽田空港での次期政府専用機の動画

同じように羽田空港にて次期政府専用機をみかけ、動画にとられた方もいるようですので、紹介をさせていただきます。

着陸シーンを見られた方は非常にラッキーですね。

本日(10月20日)時点の情報

Flightradar24で見る限り、現時点ではまだ飛行記録はなく、いまだに羽田空港に駐機中と思われます。

一方、現政府専用機ボーイング747-400は、現在、安倍晋三首相の欧州訪問及び第12回ASEM首脳会合出席のためヨーロッパに行っており、本日10月20日午前に羽田空港に着陸しました。

参考 政府専用機の運航についてwww.mod.go.jp

もしかすると、その後、新旧3機の政府専用機が駐機場で揃ったようです。


*Yahooニュースより引用

そろって千歳に帰還ということもあるかもしれませんね。

帰国後の安倍首相が、新政府専用機を視察したとのニュースも出ていました。

新政府専用機を視察=安倍首相

10/20(土) 15:23配信 時事通信

安倍晋三首相は20日、2019年度から運用が始まる新たな政府専用機を羽田空港で視察。現行の政府専用機で欧州訪問から帰国した直後、新しい機体の内部を確認した。安倍晋三首相は20日午後、2019年度から運用が始まる新たな政府専用機を羽田空港で視察した。

現行の政府専用機で欧州訪問から帰国した直後の首相は、来春からの首脳外交を支える新しい機体の内部を確認した。

新専用機は米ボーイング社製の「777―300ER」型機。現専用機と比べて燃費が改善し、長距離運航が可能となった。これまでと同じく航空自衛隊が管理・運航を担う。現行と同じ2機体制で、普段は空自千歳基地(北海道千歳市)を拠点とする。

現行機は1993年から運用されており、18年度末で退役する。

参考 新政府専用機を視察=安倍首相headlines.yahoo.co.jp

合わせて読みたい

新政府専用機B777-300ER〜N509BJ→80-1111へレジ変更!タッチアンドゴーなど訓練開始!現行B747はどうなる? 新政府専用機ボーイング777-300ER(N509BJ、N511BJ)最新情報のまとめ