Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ANAでもJALでもマイルが貯められる究極のクレジットカード!

エンゼルス大谷翔平選手を敵地ドジャース戦で生観戦!前田健太投手本拠地のドジャースタジアムの行き方も詳細に解説!

メジャーリーグ1年目で新人王獲得と大活躍の大谷翔平選手

昨年は多くの方が、大谷翔平選手の活躍を毎日楽しみにしていたと思います。

かくいう私もその一人。スポーツは好きですが、テレビで毎日観戦するほどではなく、プロ野球のテレビ中継などはほとんど見ていません。

しかしLAエンゼルスに入団した大谷翔平選手の活躍ぶりだけは何となく気になり、テレビ中継している時は必ず見てしまいます。

残念ながら肘の怪我により2019年は投手としての活躍は見ることができませんが、打者としては毎日見ることができます。圧倒的な打撃力を見たいですね。

2018年7月にアメリカ出張が入った

もう昨年の話になってしまいますが、2018年7月にアメリカ出張がありました。

行き先はフロリダ州マイアミです。日本から見ると、「一番遠いアメリカ」にある場所といってもいいかと思います。

現地で火曜日から木曜日まで予定があり、それに合わせて出張することになりました。

幸か不幸かマイアミまでは日本から直行便がなく、かならずアメリカ国内のどこかで乗り継ぎが必要になります。

航空会社は会社指定により「アメリカン航空」となってしまい、往路はダラスにて乗り継ぎでマイアミに行くこととなりました。

帰りはどうしようかと迷った挙げ句、ロサンゼルスにて乗り継ぎをすることにしました。

その時の飛行機で感じた雑感はこちらをご覧下さい。

アメリカ国内線に搭乗して気づいた日本の国内線との違い!その違いとは何なのか?

ロサンゼルス乗り継ぎの目的は大谷翔平選手観戦

実はアメリカ出張が決まった瞬間から、エンゼルス大谷翔平選手の試合スケジュールとにらめっこしていました。

ちょうど7月13日金曜日の夜に、ロサンゼルス・ドジャーズとエンゼルスの通称「フリーウェイ・シリーズ」と言われる試合があります。

参考 MLBにおける「ダービーマッチ」も…ファンにとって1勝以上の価値に?full-count.jp

なので、この試合を見るべく、ロサンゼルスで乗り継ぎのために1泊することにしました。

あくまでも乗り継ぎが目的のため、ホテルはロサンゼルス国際空港近くの「Los Angeles Airport Marriott」に宿泊しました。Marriott Bonvoy(旧SPG/Marriott)のプラチナエリート会員としての特典を享受するためです。Marriott Bonvoyについては、こちらをご覧下さい。

エンゼルスVSドジャース戦のチケットはStubhubにて購入

MLBのチケットを購入する方法はいろいろあります。

一番確実なのはMLBの公式サイトから購入する方法です。今回はドジャースタジアムでの試合なので、ドジャーズの公式サイトから購入することができます。

しかし、今回は、できるだけいい席をできるだけ安く入手して観戦したいと思っていたので、「Stubhub」というサイトを通じてチケットを購入することにしました。

参考 Stubhubwww.stubhub.com

こちらのサイトは、ありとあらゆる種類のチケットを購入することができるいわゆる「チケット転売サイト」ですが、MLBのチケットについては、MLBが公認しているサイトですので、安心です。

Stubhubの利用方法等については、詳細に解説しているブログ等もあるので、ぜひ検索して利用方法をご確認下さい。

こちらがチケットの内容です。(iPadのアプリ上の表示です。)

そして、iPhone上のWalletに入れれば、スタジアム入場の際にかざせばOKです。

今回はチケットを130ドルで購入しましたが、元値はおそらく倍以上ですから、だいぶお得に購入することができました。

機会があれば、ぜひご利用下さい。

ロサンゼルス国際空港(LAX)からドジャースタジアムへの行き方

ドジャースタジアムの場所

ドジャースタジアムは、ダウンダウンの北側にあります。

下の地図を拡大してもらうとわかりますが、球場の周りが巨大な駐車場で囲まれており、車でのアクセスは楽ですが、車以外だとアクセスは少し悪いです。

ちなみにロサンゼルス空港から行くとなると、ダウンタウンを超えて行くことになります。

宿泊先「Los Angeles Airport Marriott」は、ロサンゼルス空港からシャトルバスで数分のため、ホテルからロサンゼルスのダウンタウンへ行く一番良い方法は、一旦空港へ出てから行くことです。

ダウンタウンへはバス「FlyAway」を利用

ロサンゼルス空港からロサンゼルスのダウンタウンへはいくつかの方法がありますが、今回利用したのは、「FlyAway」というバスになります。フライアウエイ(FlyAway)の概要は

  • LAX→ユニオン駅(ロサンゼルス市内)、ハリウッドなど
  • [乗り場]ターミナルを出たところ、緑色の「FlyAway, Buses Long Distance Vans」のサインの下から
  • [所要時間]35~90分(行き先、道路状況により異なる))
  • [料金]片道$8~10(行き先により異なる)。支払いはクレジットカードのみ。現金不可。
  • [運行時間]ユニオン駅行きは24時間(30~60分間隔)、ハリウッド行きは毎日6:15~22:15(60分間隔)

となります。

FlyAwayについては、英語ですが、公式サイトも参照下さい。

参考 LAX FlyAway Buswww.flylax.com

ロサンゼルス空港でのFlyAway乗り場

各ターミナルの出口を出たところにバス乗り場があります。

ターミナルからは道路を渡った先になりますので、注意して下さいね。

このような緑色のサインがあります。

別の柱には、時刻表も貼ってありました。

ただ、時刻表通りにはなかなか来ないと思いますので、「来るまで待つ」ことが大切だと思います。

「ユニオンステーション」行に乗れば、途中ノンストップの直通運転ですので、後はバスの中で景色を眺めるなりノンビリと過ごせます。

アメリカらしいフリーウェイを走ってロサンゼルスの中心部へ向かいます。(片側7車線ぐらいありますね。)

今回は、金曜日の夕方ということもあり、通常なら60分程度のところが、渋滞が多く、90分近くかかりました。

ユニオンステーション到着からドジャースタジアムまでの行き方

ユニオンステーションからは、「ドジャー・スタジアム・エキスプレス」(試合開催日に運行される無料バス)を利用してスタジアムに向かいます。

まず、FlyAwayを降りた後は、後払いの料金を支払います。クレジットカードも利用可能で、空港からは片道11ドルでした。

ドジャー・エキスプレスは、駅の反対側(西側)から出発するため、駅の中を通過して、反対側を目指します。

まずは、目の前のビル方向へ進み、駅を目指します。

どんどんと奥に進みます。

突き当りを左に折れると、駅らしい雰囲気になってきますので、どんどんと真っ直ぐ進みます。

さらに先へ進みます。

進んでいくと、「ドジャー・スタジアム・エキスプレス」の標識が立っていますので、そのまま直進します。

途中には、地面にもこのようなペイントがあるので、迷わないと思いますよ。

さらに駅の中を通過して直進します。

駅を出ると外になります。ここでまたも「ドジャー・スタジアム・エキスプレス」の標識がありますので、標識に従って右方向へ進みます。

そうすると、このようにドジャーズのシャツや帽子をかぶった人達が並んでいるので、それが「ドジャー・スタジアム・エキスプレス」の列になります。

かなりの長さで並んでいますが、バスが次から次へとやってくるので、意外と早く進みます。

やっとバスに乗れそうです。

アメリカっぽい大型の路線バスです。

バスの横には、ちゃんと「ドジャー・スタジアム・エキスプレス」のロゴがかかれています。

中はご覧のように超満員。そのほとんどが当然ながらドジャースファンです。

バスはバックスタンド側に停車しますので、そこで降りました。

いよいよドジャースタジアムに入場

アメリカにはこれまで何度か来たことがありますが、メジャーリーグを現地観戦するのは初めてで、テンション上がりっぱなしです。

やはりこのスタジアムの独特の雰囲気は楽しいですね。

セキュリティーチェックを受け、チケットを見せてスタジアムに入場します。

入り口すぐのところには、ワールドシリーズ制覇の記念モニュメントが置かれています。

さらに進むと、ライトスタンド側のブルペンのところに出ます。

試合はちょうど始まろうというギリギリのタイミングでした。

本当は早く着いて、フリーバッティングとかも見たかったんですけどね。

自分の席に行く前に、スタジアムを散策しながら、いろいろな角度から見てみました。

マイク・トラウト選手の打席です。

ドジャースタジアム名物のドジャードッグ

自分の席に行く前に腹ごしらえということで、ドジャースタジアム名物の「ドジャードッグ」を購入します。

いわゆる巨大なホットドッグですね。長さは約30センチ(フット・ロング)とのこと。

懐かしい味で美味しかったですよ。

自分の席に到着し観戦

今回は1塁側(ビジター側)の席を確保しました。ビジター側だとビジターチームのファンもそこそこいるはずなのですが、周りはみんなドジャーズの帽子やTシャツを着たドジャースファンばかりです。

エンゼルスを応援しようと、エンゼルスの帽子を購入して持っていたのですが、カブれずに終わってしまいました(笑)

大谷選手の後ろ姿も見えます。

席からの眺めはこんな感じです。

ちょうど3塁側のファウルラインと一直線の席でした。

3塁側のスタンドを見た様子です。

こちらは1塁側のライトスタンド方面を見た様子

この日は大谷選手は、指名打者(DH)としては先発せずに、ベンチスタートです。

しかし、9回表に代打として登場しました。打席に入る前に相手投手のピッチングに合わせて素振りをしています。

大谷翔平選手のヒットを現地で撮影した動画

この日は大谷選手は9回表に代打として登場しました。相手からの大ブーイングの異様な雰囲気の中、2ベースヒットを打ちました。あわや逆転というチャンスを作りました。

その様子をiPhoneにてビデオ撮影したので、その様子はこちらをご覧下さい。

最後まで見ていただくとわかりますが、ヒットを打っても拍手はまだらでブーイングが多いのは、同じLAでもやはり敵地なんですね。

メジャーリーグの試合は盛り上げ方がうまい

さすがにベースボールが文化として根付いているアメリカです。イニング間の盛り上げ方など非常にうまく、スタンドの観客をノセるのが上手ですね。きちんとエンターテイメントとして成立しています。

イニング間には、球場のカメラが観客をとらえて球場モニターに映し出し、ダンスさせたり・キスさせたりと盛り上げます。

また7回表のイニングが終了した時には観客が立ち上がって「Take Me Out to the Ball Game」を大合唱します。

これはYoutubeで見つけた7回表終了後の「Take Me Out to the Ball Game」の動画ですが、同じドジャースタジアムでのものなので、イメージを感じていただければと思います。

試合はドジャーズの勝利

9回表に大谷選手の2塁打もあり、あわや逆転かという場面もありましたが、ドジャーズが逃げ切り、3対2で勝利しました。

周りのドジャーズファンは大喜び。隣の席の若者からはハイタッチを求められ、ハイタッチで応じましたが。。。。(笑)

試合後には花火のイベント

この日は、試合後に花火のイベントがあり、打ち上げ花火が打ち上げられることになっています。

スタジアムの外野フィールドも開放され、フィールドに降りて花火観戦をすることができます。

せっかくなので、フィールドに降りて見たかったのですが、急いで帰らないと相当遅くの時間になってしまうので、泣く泣く諦めました。

球場の外から見た花火の様子です。

帰路は往路と同様

帰路は往路と同様に、スタジアム→ユニオンステーション→ロサンゼルス空港→ホテルというルートになります。

ユニオンステーション行きのバスは長蛇の列になっていますが、バスが続々とやってきます。でも30分近くは待ったような気がします。

ユニオンステーションに着くと、行きとは逆に東側へ抜けて、FlyAwayの乗り場を目指します。

FlyAwayのバスに乗る前には、チケットを購入する必要があるので、行きにチケット代金を払った場所でチケットを購入します。

帰りのバスは比較的道路も空いていて、1時間かからずに空港に到着しました。

そこからホテルのシャトルバスに乗り、ホテルへ到着。

結局ホテルに着いたのは0時をとっくに過ぎていました。

最後に!

今回、アメリカ出張の乗り継ぎに合わせて、大谷翔平選手の試合観戦という幸運なチャンスがありました。ドジャーズの先発が前田健太投手だったら良かったのですが、ちょうど先発ローテーションの間だったので、日本人対決を見ることはできませんでした。

せっかくだったら、ドジャースタジアムでの試合ではなく、アナハイムのエンゼルスタジアムでの試合の方が、エンゼルスファンに囲まれ、より楽しめたかもしれませんが、こればかりは出張のついでなので仕方がないですね。

しかし、話題の大谷翔平選手を現地観戦できたということは非常にラッキーだったと思います。

今年は大谷翔平選手を現地観戦したいと思っている方も多いと思います。実際にアメリカまで行き観戦するとなると、航空券代・宿泊代・チケット代・飲食代とかなりの費用を使うことになります。

でも、私がしているように、マイルを貯め、ホテルのポイントを貯めると、極端な話、チケット代・飲食代プラスアルファだけでメジャーリーグ現地観戦が出来てしまいます。

今から始めれば、今年中の観戦も間に合うかもしれませんよ。そうすれば、アナハイムでエンゼルス大谷翔平選手の試合観戦と、ディズニーランドで遊びということが出来てしまいます。

エンゼルスタジアムとディズニーランドはこんなに近いですよ。

もしマイルを貯めることに興味があれば、ぜひこちらの記事をご覧下さい。


年間30万ANAマイル貯めるコツ・裏技を大公開!実践すれば誰でも簡単・大量にマイルが貯まる!(2019年6月最新版)