Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
高級ホテルの上級会員に早く・安くなれる裏技!VIP待遇で優雅なホテルライフを!

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートのチケット予約方法を画像付で解説! 当選倍率はなんと333倍!?

新年恒例のニューイヤーコンサート

f:id:anamileagesfc:20180104200220j:plain

毎年元旦恒例のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートが1月1日にウィーン楽友協会大ホールにて行われました。

2018年の指揮者は、リッカルド・ムーティで、今回で5回目のニューイヤーコンサートの指揮となります。

このニューイヤーコンサートは、全世界120カ国に衛星放送されているようで、視聴者は全世界で5000万人と言われています。

2018年のプログラム内容

今回のプログラムは以下の通りでした。

ヨハン シュトラウス2世
Entrance March from the Operetta “The Gypsy Baron”

ヨーゼフ シュトラウス
Wiener Fresken (Viennese Frescos), Waltz, op. 249

ヨハン シュトラウス2世
Brautschau (Bride Shopping), Polka, op. 417
Leichtes Blut (Light of Heart), Fast Polka, op. 319

ヨハン シュトラウス1世
Marienwalzer (Maria Waltz), op. 212
William Tell Galop, op. 29b

フランツ・フォン スッペ
Overture to “Boccaccio”

ヨハン シュトラウス2世
Myrthenblüten (Myrtle Blossoms), Waltz, op. 395
Alphons Czibulka
Stephanie Gavotte, op. 312

ヨハン シュトラウス2世
Freikugeln (Magic Bullets), Fast Polka, op. 326
Tales from the Vienna Woods, Waltz, op. 325
Fest-Marsch (Festival March), op. 452
Stadt und Land (Town and Country), Polka Mazurka, op. 322
Un ballo in maschera (Masked Ball), Quadrille, op. 272
Rosen aus dem Süden (Roses from the South), Waltz, op. 388

ヨーゼフ シュトラウス
Eingesendet (Letters to the Editor), Fast Polka, op. 240

アンコールではおなじみの、

  • 美しく青きドナウ
  • ラデツキー行進曲

が演奏され、最後は恒例の手拍子でラデツキー行進曲が演奏されました。

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートは実は3日間

1月1日に行われるニューイヤーコンサートは、全世界に中継されることにより有名ですが、実は同じ内容のコンサートが、12月30日と12月31日にも行われます。

  • 12月30日- Preview Performance
  • 12月31日- New Year’s Eve Concert
  • 1月1日 - New Year’s Concert

となります。

もしウィーンフィルのコンサートを聴きたいということに主眼を置くなら、年内の12月30日と31日に行われる演奏の方が、チケットの倍率も低くおすすめです。(とは言っても、それでも抽選で当たればラッキーということではあります。)

でも、全世界に放送されるあの雰囲気を味わいたいという方は、外れることを覚悟で1月1日の演奏を申し込むことになりますね。

チケットはプラチナチケット!

会場となる楽友協会大ホール、通称「黄金のホール」にて行われます。

世界3大ホールといわれる1つです。

私も実際に訪れました。

ただ、座席数が約1700ぐらいなので、そのチケットを世界中から争奪戦を繰り広げることになりますので、入手が極めて困難なプラチナチケットになります。

ニューイヤーコンサート用に販売される席は約900席とのこと。申込み者は約30万人とのことですので、抽選で当たる確率はなんと333倍、0.3%ということになりますね。

ちなみにニューイヤーコンサートの一番高いチケットは、1枚1,090ユーロ(約15万円)ですが、代理店を通じて購入すると、100万円近くまで跳ね上がってしまいます。

その値段は需要と供給のバランスで成り立つものですので、その値段でも買う人がいるということですね。

チケットの入手方法は2種類

チケットを入手する方法は、2つの方法があります。

  1. フィーンフィル公式サイトからチケットを購入
  2. 代理店を通じて購入

お金に糸目をつけない方は、2の方法が簡単です。ただし代理店もチケットを入手する方法は実際には1の方法、または当選した人からチケットを購入しているようですので、代理店経由で必ず購入できるというわけではなさそうです。

でも、普通の方は、お金を出すにも限界があるので、1の方法しか選択肢はないと思います。

今回は、自分自身が2019年ニューイヤーコンサートに向けて申し込んだ方法を解説します。

2018/19ニューイヤーコンサートのチケット申し込み方法

チケットを申し込み、購入するためには、以下のステップが必要です。

  1. フィーンフィル楽団公式ページでの登録
  2. チケット申し込み
  3. チケット抽選(最大の難関
  4. チケット購入(お金の問題(笑)

それでは、それぞれのステップについて、その手順をご紹介します。

ウィーンフィル楽団公式ページでの登録

まず、最初のステップは、楽団公式ページに登録することです。

楽団公式ページは、こちらになります。

→ http://www.wienerphilharmoniker.at/

英語、ドイツ語、日本語のページがありますが、日本語での登録だと、敬称(Mr.とかDr.とか)がうまく登録できないケースがあるようです。

登録自体は簡単ですので、英語ページで登録することをおすすめします。

ページ右上の”REGISTER/LOGIN”をクリックします。

f:id:anamileagesfc:20180102220254j:plain

そうすると、登録のためのページに移りますので、「Register Now」を選んで下さい。

f:id:anamileagesfc:20180102220146j:plain

こちらが登録画面になります。

f:id:anamileagesfc:20180102220159j:plain

SALTATION」は、通常は男性ならMr.、女性ならMs.を選んで下さい。その他Drなどは必要な方が選んで下さい。

ACADEMIC DEGREE」は任意項目なので未入力でも構いません。

その他の項目は必要項目を入力して下さい。

チケットの申込み

登録が完了すると、以下の「My Account」の画面に移ります。

「New Year’s Concert Tickets Drawing」のタブにて、ニューイヤーズコンサートのチケットの申し込みができます。

f:id:anamileagesfc:20180102220206j:plain

注意書きがかかれており、

  • 応募期間は、1月2日~2月28日の2か月間
  • 期間内であればいつ応募しても同じチャンス(早いもの勝ちではない)

とのことなので、2月28日までの間にこちらのページで申し込みをすれば良いわけです。

さらに期間内であれば、何回でも入力内容の変更がOKです。最終的に応募期間終了時点で入力されている内容が反映されることになります。

実際の申込み画面は以下のようになります。

f:id:anamileagesfc:20180102220316j:plain

3つのコンサートそれぞれについて、チケット枚数と金額カテゴリーを選ぶことができます。

最大で、Preview Performanceは4枚、New Year’s Eve Concertは4枚、New Year’s Eve Concertは2枚で、計10枚分のチケットを選ぶことができます。

全て一番高いチケットに当たったら、全部で7,360ユーロ(約100万円)のチケットになります。

3つのコンサートは、値段が大きく違います。

当然ながら、12月30日<12月31日<1月1日 という順になります。

チケットの値段と座席カテゴリーは以下の通りです。

12月30日 Preview Performance

f:id:anamileagesfc:20180102220334j:plain

12月31日 New Year’s Eve Concert

f:id:anamileagesfc:20180102220348j:plain

1月1日 New Year’s Concert

f:id:anamileagesfc:20180102220410j:plain

同じカテゴリーでも、Preview Performanceの495ユーロが、New Year’s Concertだと1,090ユーロに跳ね上がります。

ご自身のお財布具合とよくご相談の上、選択して下さいね。

カテゴリー毎のシートは、以下の図を参照下さい。

f:id:anamileagesfc:20180102202618p:plain

Ground Floorと書かれている1列~21列がいわゆる「平土間」と言われる1階のシートになります。

あまりに前方だと、檀上の楽団を見上げる形になり全体が見えないので、その分値段は安くなっています。

私の場合は、どうせ抽選で当たらないと想定して、ニューイヤーコンサートの一番良い席を2席申し込んでおきました。

(こういう時に限って意外と抽選に当たったりするんですよね。変なクジ運があるので)

f:id:anamileagesfc:20180102220433j:plain

どうせ抽選であたらないだろうから、全ての日程で申し込んでおこうかとも思っています。

もし当たったら当たったでその時は、ウィーンに行こうと思います。

もしどうしても行けなさそうだったら、適切な値段で欲しい方にお譲りしたいと思います。

チケット抽選

チケット抽選は、申込み期間終了後の3月上旬に行われ、結果がメールで送られてくるようです。

その時こちらのページをアップデートしたいと思います。

チケット購入

チケットが抽選であたった場合には、こちらの項目も書きます。

(是非書いてみたい・・・・・)

ウィーンにお金をかけずに行く方法

チケットが当たったら、当然ながら年末年始にウィーンに行く必要があります。

仮に2人で行く場合、航空券と現地ホテルの手配が必要です。

ご自身の状況に併せて、個別手配やフリータイムのツアーなどを手配して下さい。

ちなみにコンサートのチケットがあらかじめ付いているツアーもあるようですが、とんでもない料金です(笑)

私だったら、貯めたANAマイルを使い特典航空券で行きます。

今年5月からは成田・ウィーン間直行のオーストリア航空も運航再開されますので、それを使って直行便で楽に行く方法もありますし、ANAの羽田・フランクフルト便を使い、乗り継ぎで行く方法もあります。

こちらは2016年にウィーンに行った際のフライトです。

我が家の奥様は、復路はファーストクラスにご搭乗でした。

これこそがマイルを貯めているからこそ出来る贅沢です。

果たして3月の段階で年末年始のANAビジネスクラス特典航空券が取れるかどうかという問題がありますが、取れてしまえば、税金と諸費用だけで航空券代はOKです。

ただ最近は燃油サーチャージの金額も上昇しており、諸費用も意外と高いので覚悟が必要です(笑)

そしてもう1つ旅に欠かせないのが宿泊先のホテルです。

こちらも年末年始に取れるかどうかは見ていないのでわかりませんが、こちらのSPGアメックスカードを持っていれば、ゴールド会員として様々な優遇を受けることができます。

カード継続2年目には1泊分の無料宿泊もできますので、それらを使えば、ホテル代も多少は安く済ますことできます。このSPGアメックスのメリット等については、こちらの記事をご覧下さい。


SPG系列のホテルなら、コンサート会場の楽友協会の横にある「ホテルインペリアル」もあります。このホテルに宿泊すれば、楽友協会までは徒歩数十秒です。(ホテル右後方に写っているのが楽友協会)

f:id:anamileagesfc:20180104202523j:plain

https://www.starwoodhotels.com/preferredguest/property/overview/index.html?propertyID=97

さすがにこの時期なので部屋のアップグレードやレイトチェックアウトは難しいかもしれませんが。

これらのものを最大限活用すれば、年末年始のウィーン旅行であっても、微々たる費用で行くことが可能です。

ANAマイルをこれから貯めてみようと思う方は是非こちらをご覧下さい。今からでも、そしてちょっとの手間で、年間20万マイル以上(大人2人でヨーロッパへビジネスクラス往復が可能なANAマイル)を貯めることができます。今年の年末年始にはさすがに間に合わないかもしれないですが、来年の年末年始に向けてであれば十分可能です。

ちなみに私は、ほとんどお金をかけずに年間30万マイル以上貯めています。

まだちゃんと集計していないのですが、ANAマイルに換算すれば2017年は約100万ANAマイルを貯めました。

夢のまた夢であるウィーンフィルのニューイヤーコンサートが夢ではなくなります。

チケットが抽選で当たればですけど・・・・。

抽選で当たることを願って3月を待ちたいと思います。

あわせて読みたい