ANAマイルのすすめ!

2013年にSFC取得済 ANAカードやポイントサイトで年間40万マイル貯める正真正銘の陸マイラー!  ANA特典航空券でファーストクラス・ビジネスクラスを楽しんでます。SPGアメックスに入会し、ポイントもガンガン貯めています!

スポンサーリンク


絶景の古宇利大橋とハートロック、沖縄そば「大家(うふやー)」 ANA特典航空券で沖縄旅行 2015年夏 その3 




ずっと行きたかった古宇利島

3日目の午前中は、ずっと行きたいと思っていた古宇利島へ行きました。

 

よく沖縄のガイドブックにも載っているこの風景です。

f:id:anamileagesfc:20160926165038j:plain

*以下のリンク先から転載

 


この写真に魅せられ、ずっと行ってみたいと思っていたのです。

北部エリアにあるので、美ら海水族館の行き、または帰りに寄り道すれば良いのですが、何となくいつも後回しになり、行くことはできませんでした。

 

今回は、家族を説得して、とうとう行くことになりました。

 

古宇利島への行き方

まず、大まかな位置関係は下の地図をご覧下さい。

 

南部・中部方面からは、沖縄道または国道58号で名護を目指します。

美ら海水族館に行く場合は、名護から半島を時計まわりに449号を進みますが、古宇利島へ行く場合は、名護を通過して、北上していきます。

 

標識等がいたるところに出ていますので、島まで迷うことはないと思います。

 

位置関係を見ていただくとわかる通り、美ら海水族館の行き帰りによることが十分可能です。

 

f:id:anamileagesfc:20161003092906j:plain

 

ただ、美ら海水族館にも寄ろうと思うと、結構時間を取られるので、どうしても古宇利島へ行くのは見送られてしまうと思います。

 

我が家も何回か寄ろうと画策したのですが、帰りに寄ろうとすると夕方になってしまい、太陽が降り注ぐ中での絶景が見れないので、断念したのでした。

 

いよいよ古宇利大橋

古宇利島と陸地側を結ぶ橋が古宇利大橋です。

橋の手前にはちょっとした休憩スペースがあり、車が5-6台ほど止められます。

 

この休憩スペースから撮った写真がこちら

階段があり、下の砂浜に降りることもできます。

f:id:anamileagesfc:20161003194345j:plain

 

車の通りが少ないので、道路の真ん中からも撮ってみました。

f:id:anamileagesfc:20161003194615j:plain

 

橋の長さは約2キロ

 

両側にはきれいな海が広がっています。

f:id:anamileagesfc:20161003194840j:plain

 

こちらは、島の観光スポットの1つである古宇利オーシャンタワーの展望台から撮った古宇利大橋の全景です。

f:id:anamileagesfc:20161003194911j:plain

 

天気の良い中、念願の橋が渡れて感激です。

 

もう1つの島の名所 ティーヌ浜のハートロック

そして、橋を渡った後は、もう1つの名所、ハートロックを目指します。

橋からは丁度島を半周した反対側にあります。

 

f:id:anamileagesfc:20161003094608j:plain

 

島を1周する道路に沿って走ると、小さな看板が出ていますので、注意深く見ていれば見逃すことはないと思います。

 

JALの嵐のCMにて一躍有名に

この場所を一躍有名にしたのが、嵐が出演しているJALのCMです。

このCM見た方も多いのではないでしょうか?

 

 

撮影自体は、画面から想像するに冬場にでも行われてのではないかと思いますが、夏場のハートロックは太陽に輝く海とあわせて、非常にキレイでした。

 

ハートロックへの行き方

島を1周する道路から入ると、すぐに駐車場と売店があります。

f:id:anamileagesfc:20161003195032j:plain

 

こちらに有料で駐車して、売店の先から、ちょっとした岩場を数分降りていくと、ハートロックに到着です。(たしか300円だったと思います。)

f:id:anamileagesfc:20161003195054j:plain

 

足場はあまり良くないので、履物には注意する必要があるかもしれません。

そして、降りた先は砂浜になっていますので、さらに注意が必要です(笑)

 

CMにあるように2つの岩なのですが、角度によって1つに重なってハートのように見えるのです。

f:id:anamileagesfc:20161003195115j:plain

 

角度によって重なって見えます。

f:id:anamileagesfc:20161003195135j:plain

 

一応無人のビーチになっていて、遊んでいる人も何名かいましたが、多くはこのハートロックを見に来る人です。

 

写真を撮って帰るだけなので、滞在時間は5-10分程度だったでしょうか。

 

 

その後、古宇利オーシャンタワーという展望台に行きます。

ハートロックからは車でほんの数分です。

www.kouri-oceantower.com

駐車場からはカートに乗って展望塔へ。

1階は、貝殻の博物館とお土産屋さんがあり、その上の展望塔に上ることができます。

最上階では屋外に出て、有料で古宇利大橋をバックに写真撮影してもらうことができます。

気に入らなければ写真を買わなくても良いのですが、何となくノリで購入してしまいました。

 

これで古宇利島の観光は終了です。

 

沖縄そば「大家(うふやー)」

この時点でまだお昼前。

ランチは、名護にある沖縄そばのお店、大家(うふやー)に行きます。

こちらのお店、いつもは美ら海水族館の帰りに寄るのですが、今回は美ら海水族館にはいかないため、今回の寄った次第です。

ufuya.com

 

あまりアクセスの良いところではないのですが、その分、沖縄らしい独特の雰囲気を持っているお店です。

f:id:anamileagesfc:20161003195346j:plain

 

お店の前ではシーサー君が出迎えてくれます。

f:id:anamileagesfc:20161003195338j:plain

 

お店は冷房の効いている室内の席と、あまり冷房の効いていないテラス席があるのですが、今回はテラス席へ。

f:id:anamileagesfc:20161003195411j:plain

 

もちろん食べるのは沖縄そばです。

f:id:anamileagesfc:20161003195427j:plain

 

もちろん美味しくいただきました。

 

最後の寄り道 

ここから約1時間でホテルに戻りますが、さらに途中で寄り道!

ブセナテラスに寄っていきました。

ホテルに寄ったのではなく、行き先は、ホテル敷地内にあるセレクトショップです。

ブセナテラスで使われているジェンガラの食器や寝具等々を販売しているショップです。

ブセナテラスには過去何回か宿泊したことがあり、このお店はお気に入りのお店です。

 

こじんまりとした店内ですが、センスの良い商品がたくさん置かれているので、見ていて楽しいお店です。

 

このお店ではなんとフクロウの置物を購入しました。

 

妻と娘が一目ぼれしてしまい、「どうしても」とういうので、買ってしまいました。

 

高さは50センチぐらいあるので、結構大きめです。

手荷物として持って帰ってきまいした。

 

現在は我が家の玄関に鎮座しています。

f:id:anamileagesfc:20161003200259j:plain

 

以上、3日目の旅でした。

 

それではまた!