Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
高級ホテルの上級会員に早く・安くなれる裏技!VIP待遇で優雅なホテルライフを!

アメックスカードのANAマイル移行上限が年間4万マイルに制限!ANAマイルが貯まるアメックス系カードはどれを選ぶ?

アメックスカードのポイントプログラム改定

先日、アメックスカードのポイントプログラム改定についてのお知らせがあり、一部のアメックスカードユーザーには衝撃が走ったようです。

特に紹介プログラムにより初年度年会費が無料となる「アメックスゴールドカード」に入会し、ANAマイルを上限8万マイル貯めようと目論んでいた方は影響が大きいと想像します。
アメックス・ゴールドカード入会で初年度無料と10,000ポイント獲得!入会するならキャンペーン?ポイントサイト?(2018年12月最新版)

それでは、まずは今回のポイントプログラム改定の具体的な内容について見てみましょう。

対象となるカード

  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
となり、アメックスのプロパーカードのみが対象となります。

改定内容

2019年1月1日より「ANA マイレージクラブ」への年間移行ポイントの上限が以下の通りとなります。

メンバーシップリワード登録2018年12月31日までのマイル付与完了分2019年1月1日からのマイル付与完了分
年間移行ポイント上限ありの場合80,000ポイント(=80,000マイル)まで40,000ポイント(=40,000マイル)まで
なしの場合160,000ポイント(=80,000マイル)まで80,000ポイント(=40,000マイル)まで
MEMO
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード/プレミア・カードはメンバーシップ登録ありと同内容

つまり、これまで年間80,000マイルの移行上限が、年間40,000マイルに半減するということになります。

年末年始の移行受付期間

この改定に伴い、年末年始期間の移行受付に一部制限があります。

年内移行期限年始移行開始移行休止期間
ANAへのポイント移行が初めての方(ANAコース登録手続きも含む)2018年12月16日2019年1月5日2018年12月17日~2019年1月4日
ANAへのポイント移行が2回目以降の方2018年12月24日2019年1月5日2018年12月25日~2019年1月4日

いずれにせよ、年内に上限の80,000マイルを移行したい方は、早めに手続きを行うことが必要ですね。

ANAコース登録費について

ANAマイル移行上限は減少しますが、一方でこれまで有料であった「ANAコース登録費」が一部のカードで改善されます。

対象カードと登録費用

  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
ANAコース登録費
※初回移行時に登録が必要
2018年12月31日までの
マイル付与完了分
2019年1月1日からの
マイル付与完了分
年間5,000円+消費税永年無料

 

  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
メンバーシップリワード登録2018年12月31日までの
マイル付与完了分
2019年1月1日からのマイル
付与完了分
ANAコース登録費(年間5,000円+消費税)
※初回移行時に登録が必要
ありの場合ポイント充当対象外1ポイント→1円で充当可能(最小3,000ポイント/1ポイント単位)
なしの場合ポイント充当対象外1ポイント→0.3円で充当可能(最小3,000ポイント/1ポイント単位)
MEMO
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード/プレミア・カードはメンバーシップ登録ありと同内容
参考 ポイント・プログラム「メンバーシップ・リワード®」より重要なお知らせwww.americanexpress.com

今回のプログラム改定の影響

これまでは他エアラインへは80%の移行率に対して、ANAマイルへの移行はANAコース登録費を余分に支払うことにより、「移行率100%かつ年間80,000マイル上限」という有利な条件でした。

しかし今回の改定により、移行率は100%と据え置かれたものの、ANAコース登録費を支払っても上限40,000マイルに制限されるということで、対象となるカードのヘビーユーザーのANAマイラーの方には影響が大きいと思います。

一方で、これまでも年間40,000マイル程度を移行していた方にとっては、現金を支払わずにポイントで移行できるという点では、キャッシュアウトをせずにANAマイル以降できるようになった点では改善といえるかもしれません。

ただし、5,000ポイントを5,000円分として使うか、5,000マイルとして移行するかは、「1マイルあたり2円」という相場観からすると、少々損な気分がします。

今回のプログラム改定の背景には、「ANAからアメックスへの要請」によるものとの噂があります。

同じアメックスブランドでも、ANAアメックス系のカードが現時点で影響を受けていないのは、「ANAカード」を優遇しようというANA側の思惑があると思われます。

ANAマイルを貯めるためのアメックス系カード選び

今回、アメックスが直接発行するカード(プロパーカード)がすべて影響を受けることになりました。アメックスブランドの他カードで、ANAマイルを貯めるためには、選択肢は限られてきます。

カード選びのポイントとなる点は、

  • ANAマイルへの移行率が100%以上であること
  • ANAマイルへの年間移行上限がないこと
となり、選択肢は、
  • ANAアメックスカード/ゴールドカード/プレミアムカード
  • SPGアメックスカード
しかありません。

それぞれのメリットやデメリット、お得な入会方法は、こちらの記事をご覧下さい。

私の場合は、少ないクレジットカードの中で、幸いにも両方持っているので、今回のプログラム改定には無縁でした。
ANAアメックスが仲間入り!現役ANA陸マイラーのクレジットカード保有枚数は現在6枚!【2018年9月】

利用する場面に応じたカード選びのポイント

ANAアメックス系カードと、SPGアメックスの場合、ANAマイルへの移行にメリットはありますが、性格の全く異なったカードになります。ANAアメックスは航空会社系カードに対し、SPGアメックスはホテル系カードになり、マイルやポイントが貯まる重点ポイントが違います。

どちらかを選ぶポイントとしては、

  • ANA航空券を購入する機会の多い方はANAアメックス系カード
  • SPGマリオット系列ホテルに宿泊機会の多い方はSPGアメックス
  • 完全な陸マイラーはSPGアメックス
になるかと思います。

とは言っても、両方持っている方も多いと思いますが。。。。。

個人的には、現在の手持ちのカードのうち、

  • ANA VISAゴールドカード(SFC)
  • ANAアメックスカード
  • SPGアメックス
の3枚のラインアップは、「カード会費」と「ANA便搭乗」、「ANAマイルを貯める」という点からベストなラインアップだと自負しています(笑)

とはいっても、自分自身のスタイルもあると思いますので、こういった機会にカードラインアップを見直しみてはいかがでしょうか?