ANAやJALのマイルを貯めるために持つべき最強のクレジットカードは?!

【ANAカード応用編】ANAマイルの貯め方!年間30万マイル貯めるコツ・裏技教えます!その3

<前回の内容> 

クレジットカードのポイント増大作戦

前回の「その2(クレジットカード基本編)」では、ANAカードのプレミアムボーナスポイントについて書きました。リボ払いを最大限活用すること、100円=1.3マイルに! でも、これもあるルートを使うことによって、さらに交換レートを上げることができるのです。

では、その方法をお伝えします。

f:id:anamileagesfc:20180424214901j:plain

ポイントサイト基礎編でもお見せしたこの図を覚えているでしょうか?
2018年4月から各種ポイントサイトからメトロポイントへの移行がストップしてしまっため、上記のようにLINEポイントを経由する必要があります。
つまり、少し手をかけることにより、さらに多くのポイントを得られることになります。
ここで、カギとなるのが、「その2」で紹介した「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」です。
あらためてANAマイラー必携のカードということが理解いただけましたか?

全ての支払いをANAカードに集約する。

普段のお買い物はクレジットカードは利用していますか?
中には現金派という方もいるかもしれませんが、クレジットカード払いができるところは全てカード払いに変えましょう。

少額決済でもクレジットカード払い

今やコンビニやスーパーなど、多くのところで、クレジットカード払いは対応できるようになりましたね。コンビニでの少額決済をクレジットカード払いにすることに抵抗がある方も多いと思います。実は私もその一人です。そんな時活躍するのが、「iD」になります。iDとは、ANAカード(VISA)に付いているチャージ不要の電子マネーになり、iDで決済すると、カード払いとして処理されるものです。iDの説明については、以下をご覧ください。www.smbc-card.com

例え少額でも、1ヶ月単位で考えると、結構な金額になりますよ。ちなみにこの「iD」は、三井住友VISAカード発行のANAカードにはすべてついていますので、ご安心下さい。

全ての支払いでカード払いを目指す

普段の生活を考えると、支払いはいろいろなものがあります。電気・水道・ガス・電話・携帯・NHK・自動車保険・・・・、今や大概のものはクレジットカード対応です。まずは、こういったものを全てANAカードで払うように変更してしまいましょう。

一例ですが、車検でマイルを貯める方法をまとめていますので、こちらをご覧下さい。

でも、やっかいなのが、税金関係でした。でも、ここ数年の間に、自動車税や固定資産税などは、多くの地方自治体が税金をクレジットカードで払えるようになりました。

さらには、豪華な返礼品で話題となった「ふるさと納税」。こちらもクレジットカードで支払えるサイトがあります。こちらの「ふるなび」というサイトでは、ハピタスを経由しても申し込めますので、ハピタスでのポイント、クレジットカード決済でのポイントと、税金関係なのにポイント2重取りが可能です。

f:id:anamileagesfc:20160916184119j:plain

いかにポイントやマイルを増やすか? ある意味、ゲームを攻略するようなものです。ぜひ楽しみながら、自分にあった方法を探してみて下さい。

ちなみにこういった情報は、にほんブログ村のマイレージのコミュニティーでタイムリーに有益な情報が提供されますので、マメにチェックすることをオススメします。
→ にほんブログ村 マイレージの最新情報はこちら!

1マイルを笑うものは、1マイルに泣く

是非お忘れなく(笑)
続きはこちら!