Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
高級ホテルもマイルも!そんな欲張りな人におすすめする最強のクレジットカード!

城南島海浜公園は飛行機見学・撮影スポットに最適!羽田空港C滑走路離陸・B滑走路着陸が間近で迫力満点!

羽田空港周辺の飛行機見学スポット

飛行機がそんなに好きでなくとも、飛行機の離着陸シーンが好きな方は結構多いのではないでしょうか?

羽田空港周辺には飛行機見学スポットが点在しています。

メジャーな所としては、

  • 羽田空港各ターミナル展望エリア
  • 京浜島つばさ公園
  • 城南島海浜公園
  • 浮島公園

などがあります。

その中でも今回は、個人的に一番迫力があると思う 城南島海浜公園についてご紹介したいと思います。

城南島海浜公園について

城南島海浜公園は下の地図を見ていただくと一目瞭然ですが、羽田空港の目と鼻の先にある公園になります。

意外と広々とした公園で、キャンプ場も併設されており、事前予約をすることにより宿泊やデイキャンプなども楽しむことができます。

詳細はこちらの公式サイトをご覧ください。

参考 城南島海浜公園seaside-park.jp

城南島海浜公園への交通アクセス

バス便もあるようですが、本数等少ないようなので、車で行くのが一番のおすすめです。

駐車場が2箇所にあり、値段も2時間で400円程度ですので、高額な駐車場料金をきにする必要もありません。

ただ、土日はキャンプで来ている人もいるので、時間によっては満車の可能性がありますのでお気を付けください。

城南島海浜公園内のベストポジション

城南島海浜公園は逆L字型をした公園で結構広いです。

羽田空港の離発着を見るなら、ベストポジションは、羽田空港側に一番近い所になります。

下の地図だと、左下の赤丸・青矢印の部分になります。

防波堤になっている部分で、その防波堤の上に柵があるので、そこがベストポジションです。

ただ、目の前は海で風が強いので、特に冬場は厚着していかないと大変な思いをすることになりますので、お気を付け下さい。

ですから、駐車場は、第一駐車場側に停めることをおすすめします。

城南島海浜公園にて見れる離着陸風景

城南島海浜公園から見られる離着陸風景は、B滑走路への着陸と、C滑走路からの離陸になります。

ただし、風の状況により、見られるのはどちらか一方です。

B滑走路への着陸風景

B滑走路への着陸風景が見られるのは、南風運用の時になります。主に夏場に見られることが多いです。

下図のように、A・C滑走路からは離陸、B・D滑走路は着陸として利用するケースです。

C滑走路からの離陸風景

一方、C滑走路からの離陸風景が見られるのは、北風のケースです。

こちらは主に夏以外に多く見られます。

城南島海浜公園からは、滑走路から飛び立ってくる姿を見ることができます。

離陸の多い時間はひっきりなしに離陸機があります。ただし見られるのは国内線だと東側へ向かう便、国際線だと、北米やヨーロッパ、北アジアへ向かう便になります。

西日本方面へ向かう国内線や、東南アジア・オセアニア方面に向かう国際線は、D滑走路からの離陸になりますので、はるか彼方に小さく見える程度です。(超望遠レンズを持っていれば撮影は可能だと思います。)

羽田空港の滑走路の運用については、こちらも参考にして下さい。

参考 羽田空港滑走路運用www.mlit.go.jp

C滑走路からの離陸時に撮影できる写真の様子

C滑走路から離陸する飛行機を写真に収めることと、機材の大きさによって、撮れる写真のアングルが違ってきます。

小型機の場合

小型機は、離陸後に東京湾方面へ右旋回するタイミングが早く、頭上を旋回していくアングルになります。

例えば、AIR DOのボーイング737だとこのような構図になります。




中〜大型機の場合

一方、中型〜大型機は、比較的遅く、ゆっくりと大きく右旋回しますので、右旋回の様子も写真に収めることができます。特に国際線機材は、燃料等も満載されているため、より右旋回のタイミングは遅くなり、写真を撮るのに十分な時間が確保できます。

こちらはANAの国際線フラッグシップ機のボーイング777-300ERの離陸の様子です。





このように同じ位置からの撮影でも、機材によって、通過するポイントが違うため、写真のアングルも違うことがわかるかと思います。

写真撮影時にあると便利なツール

写真を撮影するときには、カメラやビデオ等の撮影機材一式なのは当然ですが、それ以外には以下のツールがあると便利です。

Flightradar24

最新の航空機情報をリアルタイムで確認できるサイトです。

目的地や飛行時間、機材番号など様々な情報を確認することができます。

写真撮影時にこの情報を見ていれば、これから離陸する飛行機の航空会社・行き先・機材などを事前に確認することができます。

PC版はこちら!

参考 flightradar24www.flightradar24.com

アプリ版はこちらからダウンロード可能です。

iOS版

Android版

最後に

今回は飛行機撮影等のベストスポットである城南島海浜公園についてご紹介しました。

もちろん、写真やビデオ撮影だけではなく、家族連れでのピクニックやキャンプ、デートにも十分利用できる環境です。

羽田空港のターミナル展望台からの飛行機離着陸を眺めるのも1つの方法ですが、こちらの城南島海浜公園からであれば、その音や大きさをリアルに感じることができます。

羽田空港近くまで行くようなことがあれば、少し足を伸ばして城南島海浜公園も一度訪れてみて下さい。