マイルも貯められる究極のクレジットカードを知っていますか?

タイ国際航空フランクフルト空港でのプレミアムサービス、そしてルフトハンザ航空に乗り継いでミュンヘンへ!

 

今回、幸運にも貯めたANAマイルで発券したスターアライアンス特典航空券にてファーストクラスで世界1周をすることになりました。タイ・バンコクを最初の目的地として、ミュンヘン・ウィーン・ブダペスト、そしてニューヨークを巡ります。タイ国際航空、ルフトハンザ航空、ANAと計4回のファーストクラスにも搭乗しました。

世界1周旅行記については、下のボタンをクリックしてご覧下さい。

2019年世界1周旅行記

ファーストクラス降機後のプレミアムサービス

搭乗機を降りてゲート出口に向かいます。

ファーストクラスでは快適な時間を過ごしましたが、フランクフルト空港はターミナル間の移動距離が長く、セキュリティーも厳しいので、少しだけ憂鬱になりながら、ゲート出口に向かいます。

ゲート出口にはカードを持って立っているスタッフが!「THAI PREMIUM SERVICE(タイ国際航空プレミアムサービス)」と書かれた紙を持っており、その中には私の名前がありました。

プレミアムサービスって何?」と思ったのでそのスタッフの方に聞いてみると、「乗り継ぎが必要なファーストクラスの乗客に対して、各種サポートをするサービス」とのことでした。

何とファーストクラスのサービスは機内で終了ではなく、到着先空港でもあったのでした。

今回は私と男性3人組の合わせて4名が対象です。男性3人組は乗り継ぎでヘルシンキに行くようです。

スタッフの方に引き連れられてターミナルを移動です。

いつもの長い地下通路を通ります。この通路を通るのはもう4回目です。

続いては入国審査。空いているレーンに案内してくれます。

続いてはセキュリティーチェック。こちらはファーストクラス・ビジネスクラス用の空いているレーンへ。荷物のチェックでは、機内でもらったアメニティーグッズのモイスチャライザーのスプレーが引っかかりました。スタッフの方が「いつもこれで引っかかるだよ」と教えてくれました。

その後、さらにラウンジまで送り届けてくれました。

私自身もう4回目なので、プレミアムサービスがなくても困らなかったですが、初めてフランクフルト空港で乗り継ぎする方であれば、便利なサービスですね。

ルフトハンザ航空のセネターラウンジにて一息

到着便は30分近く遅れましたが、乗り継ぎの時間は余裕をもってフライトを確保していたので、まだ多少の余裕があります。

ルフトハンザのセネターラウンジにて一息つくことにします。

ちょうど朝の混み合う時間帯ですので、ラウンジも盛況ですね。やはりスーツを着たビジネスマンの方が多かったです。

ラウンジ内の食べ物は軽食が中心です。

ただ、ビールは置いてあるので、朝からドイツビールをいただきました。

ルフトハンザ航空LH96便でミュンヘンへ

少し早めにラウンジを出て、搭乗ゲートに向かいます。ドイツらしくBMWの新8シリーズも展示してあります。

唯一のエコノミークラス

フランクフルト・ミュンヘン間は特典航空券のビジネスクラスの空きがなく、今回の世界1周で唯一のエコノミークラスです。とはいってもルフトハンザ航空のヨーロッパ域内の路線はビジネスクラスとエコノミークラスの違いは、

  • 座席の広さは一緒
  • ビジネスクラスは横3席の真ん中の席は空けてある
  • ビジネスクラスはちゃんとした機内食が出る

ぐらいです。

機内食はすでに前便にて食べてますから不要ですし、座席は事前指定で後方の空いてそうな場所を選んでいましたので恐らく隣には人が来ないだろうと思っています。

LH96便に搭乗

ルフトハンザ航空LH96便は8:15発でミュンヘン着9:10でフライト時間は55分です。フランクフルト・ミュンヘン間は直線距離で約300kmなので、東京・名古屋間より少し遠いぐらいですね。

優先搭乗が開始されたので、スターアライアンスゴールドメンバーとして搭乗します。

搭乗機はエアバスA320です。細長いエンジンが特徴ありますね。

こちらは通り過ぎる時に撮影したビジネスクラスの座席。

そしてこちらはエコノミークラスの座席。見た目は一緒ですね。優先搭乗したので、まだ人がほとんどいません。

となりのゲートには、ボーイング747−400がいます。

どんどんと他の乗客が搭乗してきます。

ほぼ定刻にフランクフルト空港へ向けて出発します。

雲を抜けて水平飛行に移ります。

機内食として飲み物と軽食が配られます。ちょうどいい感じの量ですね。

機内wi-fi

ルフトハンザ航空の機内では、他の航空会社と同様に有料で機内インターネットが利用できます。

ただし、インターネットを使わなくとも機内wi-fiに接続することで、到着先の情報等を見ることができます。

ミュンヘン空港に到着

定刻にミュンヘン空港に到着です。

エティハド航空のボーイング777-300ERの隣にゲートインです。

機内の後ろの方に座っていたので、ほぼ最後に降機しました。珍しく機体中程のドアがオープンしていますね。

ミュンヘン空港は非常に綺麗な空港です。

バンコクで預けた荷物を受取るため、バゲージクレイムに向かいます。

ミュンヘンはBMWの本拠地なので、このような広告もありました。

荷物を預けている人も少なく、すぐに荷物は出てきました。

この後、税関を通り外に出ようとしたところで、係員に呼び止められ、パスポートの提示を求められました。

何故か怪しまれたようです。いろいろと質問されましたが、バンコクからフランクフルト経由で来たことを伝えると何故か納得したようで、スーツケースの中をチェックされることもなく開放されました(笑)

いよいよ初のミュンヘンです。ここからは電車を利用してミュンヘン市内に向かいます。