【SPGアメックス】ANAマイルも貯まるホテル上級会員になれるクレジットカード!アップグレードやレイトチェックアウト、無料宿泊などの特典を詳しく解説! 最もお得に入会する方法も!

フランクフルト空港のルフトハンザラウンジ、オーストリア航空(フランクフルト発ウィーン行き)ビジネスクラス そしてウィーン市内へはエアポートタクシーで!

フランクフルト空港ルフトハンザセネターラウンジ

フランクフルト空港に到着

ANA深夜便ビジネスクラスでの旅も終了し、早朝のフランクフルトに到着しました。
ANA NH203 羽田発フランクフルト行 ビジネスクラスの様子(食事、機内Wifi、トイレなど) 

f:id:anamileagesfc:20161206221543j:plain

しかし到着したのはBターミナル、乗り継ぎ便はCターミナルなので、延々と歩くことになります。
これまでの家族旅行は、幸いにもすべて直行便でしたが、今回は初の乗り継ぎなので、少しドキドキします(笑)

悪名高き(?)フランクフルトの税関

乗り継ぎのために延々と歩きます。

f:id:anamileagesfc:20161206221559j:plain

そして、入国審査。
厳格そうな審査官でしたが、意外といろいろと質問してきて、
「どこに行くんだ?」
「ウィーンでは何を見るんだ?」
などと思いのほか気さくな方でした。

その後、税関を通過。
ドイツの税関は厳しいとの話もあり、事前に400ユーロ以上の携行品のリストを作成しておきました。
参考にさせていただいたのはこちらのブログです。
緑(申告物なし)のレーンを通過しましたが、呼び止められることもなく、あっさりと通過できました。悪いことをしている訳ではないのですが、ホッとしました(笑)

その後は乗り継ぎのためのセキュリティーゲートを通過。
フランクフルトのセキュリティーの機械は、360度回転して全身をスキャンする最新型?の機械でした。
両手を広げて上げて、数秒間静止していれば、チェック完了です。
当然、何事もなく、通過できました。

ルフトハンザ航空 ビジネスラウンジ

後は乗り継ぎ便まで余裕があるので、ルフトハンザ航空のラウンジへ向かいます。
案内に従って、ラウンジを目指します。

f:id:anamileagesfc:20161206222214j:plain

ただ、最後の最後で場所がよくわからず、少しウロウロとしてしまいました。
結局、別のフロアにあることがわかり、到着できました。
ラウンジは「ルフトハンザ ビジネスラウンジ」

f:id:anamileagesfc:20161206222227j:plain

入口で、搭乗券を見せたらすぐに入れました。
写真左側に写っている中国人のグループは、何やら揉めている感じでしたね。
そこそこ広いラウンジですが、意外に混みあっていました。
朝食は済んでいるので、軽食をつまみます。
ドイツに来たので、朝からビールを飲んでみました。

f:id:anamileagesfc:20161206222321j:plain

冷たいビールが美味しい。
家族の視線も冷たいですが。。。。(笑)
ちょっとだけラウンジ内を探検です。
こちらは実は男性用トイレ。
すべて個室タイプです。

f:id:anamileagesfc:20161206222355j:plain

中はこんな感じ(笑)

f:id:anamileagesfc:20161206222429j:plain

こちらは飲み物を頼むカウンターです。

f:id:anamileagesfc:20161206222445j:plain

写真はありませんが、上の写真のカウンターの左奥には、軽食類がおいてあるコーナーがあります。

オーストリア航空ビジネスクラス搭乗

搭乗時間が近づいてきたので、搭乗口へ向かいます。
フランクフルト・ウィーン間は、オーストリア航空を利用します。

f:id:anamileagesfc:20161206222529j:plain

特典航空券なのでビジネスクラスを利用しますが、ヨーロッパ内のビジネスクラスは、座席は普通席と同じです。
違いは、ならびの3席のうち、真ん中の席は空けてあること、そして軽食が出ることです。
家族3人での旅行だったので、普通席に3人並んでも良かったのですが、どうせマイル数は変わらないので、ビジネスクラスにしておきました。
機材はポピュラーなエアバスA320。
ナローボディー機のベストセラー機ですね。
操縦室のドアが開けっぱなしです。
セキュリティー的に大丈夫なのでしょうか。。。。
飛行機マニア的にはウレシイですが(笑)

f:id:anamileagesfc:20161206222543j:plain

f:id:anamileagesfc:20161206222702j:plain

座席は前から2列目。
機内はオーストリア航空のコーポレートカラーであるレッドを基調とした明るい機内です。

ビジネスクラスの食事

独特の軽めのエンジン音をあげて離陸し、シートベルトサインが消えると、朝食の時間です。
今回の朝食は、ホットサンド。
角度が悪く良く見えなかったのですが、ちゃんとオーブンで焼いているようで、出来立ての感じでした。

f:id:anamileagesfc:20161206222727j:plain

オーストリア航空の食事はおいしいと聞いていたのですが、噂にたがわず美味しかったです。
ANA便で朝食も食べ、ラウンジでもビールとおつまみを食べてましたが、こちらの食事が美味しかったので、完食してしまいました。
ウィーンまでは約1.5時間の飛行です。
後は本を読んだりして過ごしました。

f:id:anamileagesfc:20161206222744j:plain

そしていよいよウィーンに到着です。
こちらが搭乗してきたエアバスA320です。

f:id:anamileagesfc:20161207215357j:plain

コンパクトな空港なので、あっという間に荷物を受け取るターンテーブルへ。

f:id:anamileagesfc:20161206222807j:plain

f:id:anamileagesfc:20161206222808j:plain

荷物をさっさとピックアップし、到着口に出ます。

f:id:anamileagesfc:20161206222818j:plain

エアポートタクシーを利用

ここからホテルまではエアポートタクシーを予約しておきました。
空港・ウィーン市内間はいくつかの交通手段がありますが、荷物があるし、深夜便で移動したことも考えてタクシーを使うことにしました。
ただ、同じタクシーでも普通のタクシーに乗ると、空港・市内間の回送料金がかかるらしく、エアポートタクシーがオススメとのこと。
事前にいくつか調べた中から、その名も「Airport Driver」で往復分の予約しておきました。
→ Airport Driver – Ihr verläßlicher Partner für Transfers vom und zum Flughafen.

値段は普通車で33ユーロ、1ランクグレードの高い車で39ユーロ。今回は奮発して39ユーロの方を予約しました。

f:id:anamileagesfc:20161207215246j:plain

到着口を出ると、名前を書いたカードを持った運転手さんが出迎えてくれます。
そのまま少し離れた駐車場まで歩き、タクシーに乗り込みます。

f:id:anamileagesfc:20161207215307j:plain

ちなみに車はメルセデスのEクラスステーションワゴンでした。
車は高速を快調に飛ばし、30分ほどでホテルへ。

f:id:anamileagesfc:20161207215327j:plain

今回のホテルは、グランドホテルウィーンです。
元は全日空のホテルだったようですね。
ホテルに到着したのは10時頃。
本来はチェックインは14時なのですが、事前に可能ならアーリーチェックインをとお願いしておいたので、無料でアーリーチェックインが可能でした。