マイルも貯められる究極のクレジットカードを知っていますか?

ANAファーストクラス搭乗記【後編】(NH109便ニューヨーク発羽田行)!ゆったりと寛ぎ、絶品の日本食を堪能!

今回、幸運にも貯めたANAマイルで発券したスターアライアンス特典航空券にてファーストクラスで世界1周をしてきました。タイ・バンコクを最初の目的地として、ミュンヘン・ウィーン・ブダペスト、そしてニューヨークを巡ります。タイ国際航空、ルフトハンザ航空、ANAと計4回のファーストクラスにも搭乗しました。

これまでの世界1周旅行記については、下のボタンをクリックしてご覧下さい。

2019年世界1周旅行記

JFK空港から羽田へANAファーストクラス(NH109便ニューヨーク発羽田行)に搭乗中

ANAファーストクラスに搭乗し、ニューヨークのJFK空港を離陸し、羽田空港へ向かっています。

ファーストクラスの座席まわりのチェックも完了(笑)し、機体は順調に高度を上げていきます。
ANAファーストクラス搭乗記(NH109便ニューヨーク発羽田行)!世界1周の締めくくりは快適なフライト!

ベルトサインも消え、ここからの残り約12時間ははANAファーストクラスでの快適な空の旅を満喫します。

ANAファーストクラスでの機内食(夕食)は日本食をいただく!

シートベルトサインが消えると、メニューが配布されました。

この時のメニュー全体を見たい方はこちらのボタンをクリックすると、PDF形式で見ることができます。

ANAファーストクラス 食事メニュー

ANAファーストクラス ドリンクメニュー

この日の夕食(日本時間だと朝食になります)は和食をチョイスしました。久々の日本食になりますね。

この日の和食メニューはこのようなラインアップになります。

アミューズアプリコットとゴートチーズ
スモークサーモンの薔薇仕立て
フォアグラムースのカナッペ
チーズペッパーバー
先 附鳥貝と蛍烏賊 木の芽味噌掛け
前 菜ずわい蟹と鮑 馬鈴薯ソース掛け
ブロッコリーニ生ハム巻き
飯蛸
鯛の子寄せ
うすい豆腐
茎わさび醤油漬け
お 椀鯛桜葉蒸し
お造り鮪と鯛昆布〆の椿盛り
炊き合わせ牛バラ肉の和風デミグラス煮
小 鉢ミル貝の焼き浸し
主 菜カラスガレイ生姜煮
御 飯御飯 味噌汁 香の物
*お米は島根県雲南市産つや姫(金芽米)
和菓子和菓子屋のあんみつ(黒みつ)

食事をお願いすると、ファーストクラスの大きなテーブルにクロスがかけられ、テーブルセッティングをしてもらえます。どうやら、すっかり舞い上がっており、写真を取り忘れてしまったようです(笑)。

本来は和食に合わせた日本酒などをいただくべきなのですが、最初に出されたシャンパン「KRUG」ですっかり気持ちよくなってしまったため、お水にしておきました。(日本酒ではないですよ)

早速1品目のアミューズから運ばれてきます。

アミューズ
アプリコットとゴートチーズ
スモークサーモンの薔薇仕立て
フォアグラムースのカナッペ
チーズペッパーバー

先附 / 前菜
鳥貝と蛍烏賊 木の芽味噌掛け
ずわい蟹と鮑 馬鈴薯ソース掛け
ブロッコリーニ生ハム巻き
飯蛸
鯛の子寄せ
うすい豆腐
茎わさび醤油漬け

お椀
鯛桜葉蒸し

お造り
鮪と鯛昆布〆の椿盛り

炊き合わせ / 小鉢 / 主菜 / 御飯
牛バラ肉の和風デミグラス
ミル貝の焼き浸し
カラスガレイ生姜煮
御飯 *島根県雲南市産つや姫(金芽米)
味噌汁
香の物

食後にはコーヒーとアイスクリームと焼き菓子をいただきました。

1品1品は少量ですが、和食のフルコースなので、すっかりお腹がいっぱいになってしまいました。

機内食の感想
しっかりとした和食のフルコースでした。ビジネスクラスの和食も十分美味しいですが、やはりファーストクラスの和食は格別でした。機内で食べていることをすっかり忘れてしまうような美味です。以前機内食工場をテレビで見たことがありますが、作る段階でも手がかかっていますし、機内でご飯を炊いたりと更に手が加わっています。味も雰囲気も大満足です。次回は美味しいお酒を一緒に楽しみたい。。。。

こちらは、ドリンクメニューに載っているお酒の中から、個人的に気になるものをピックアップしました。お手頃な商品もありますので、気になる方はぜひファーストクラスの味をお試し下さいね。

映画を見ながらウトウト!

食事をいただいた後はすっかりリラックスモードです。映画を見ながらうたた寝状態。気がついたらCAさんに布団かけていただいていました。

うとうとしているうちにも飛行機は順調に進み、まもなくアンカレッジ、そして北極圏というところまでやってきましたね。

もし途中でオーロラが見えたら起こして下さい!」とお願いしておいたのですが、この日は残念ながら見えなかったようです。

軽食としてカレーをいただく!

CAさんに「何か軽食等はいかがですか?」と勧めていただいたので、「カレーライス」をいただきました。食べ物はすっかり日本モードへ入ってきていますね。

上品な味のカレーで、これまた美味でした。

こちらは種類は別ですが、ANAファーストクラスで提供しているカレーを入手することができます。

眼下には氷山が広がる

北極海を過ぎたあたりから、眼下には氷山というか、氷の塊が見えるようになりました。

高度約10000メートルを飛んでいる上空から見てこの大きさですから、とんでもない広さですね。

飛行機はまもなく日本に入ろうとしています。

機内インターネットにもトライ

ANAの場合はファーストクラスに搭乗すると、100MBまで利用可能なインターネット無料接続カードをいただくことができます。

すっかり使わずにいたのですが、日本到着前にちょっとだけ使ってみました。自分のブログも確認してみます。

まもなく2週間ぶりの日本へ

飛行機は到着に向けて高度を下げていきます。眼下には首都圏の明かりが見えています。

フライトをマップを見てみると、到着まで後2分と出ていますね。

ニューヨークからの到着機は茨城県から千葉県に入り、房総半島側へ回ったのち、羽田空港D滑走路に着陸するルートです。

羽田空港に到着!

約13時間のフライトを終え、羽田空港のD滑走路に着陸しました。

まもなく羽田空港国際線ターミナルに到着です。

その間に、FlightRader24で本日のフライトの振り返りです(笑)

快適なファーストクラスの旅も終わり、名残惜しいですが降機します。このまま降りずにもう一度ニューヨークに行ってもいいぐらいです。

後方側ではCAさんがビジネスクラスからの人の流れをブロックしてくれていますね。

ファーストクラス、かつ席が1Aだと、真っ先に飛行機を降りることができます。VIPの方であればこの先にANA関係者等が待っているのでしょうが、私の場合、もちろん誰もいませんので、CAさんと挨拶を交わし、さっさと入国審査に向かいます。

約13時間のフライトでお世話になったボーイング777-300ER(機材番号;JA786A)です。

入国審査を終え、バゲージクレームでスーツケースをピックアップします。

降機したのが21:18で、バゲージクレーム到着が21:26なので、8分で到着しました。やはり1番で降機できるのはファーストクラスのメリットですね。時間が節約できます。

この後スーツケースを受け取り、リムジンバスでターミナル駅へ向かい、そこからはタクシーで自宅へ向かいました。

自宅到着は23時頃。やはり羽田空港は都心に近いので便利ですね。

これで2週間のファーストクラス世界1周がとうとう終了してしまいました。

初のANAファーストクラス搭乗の感想

人生初のANAファーストクラス搭乗は、ニューヨークから羽田まで約13時間のロングフライトでした。まさに旅の最後を締めくくるにふさわしい素晴らしいフライトでした。ANAファーストクラスの良かった点は、

  • CAさんのつかず離れずの素晴らしいおもてなし
  • CAさん同士のコミュニケーション・チームプレー
  • プライバシーが保たれた広々とした座席
  • 美味しい和食(やはり日本人は和食が一番)
  • 数々の美味しいお酒類(KRUGしか飲めなかった。。。。)
  • ANAという安心感

です。

正規料金だと片道120-130万円という庶民では乗れない豪華な旅ですが、ANAマイルを貯めたお陰でこうして搭乗できたことは本当に嬉しいことです。

ANAマイルを本気で貯めたい!と思う方は、こちらの記事を参考にして下さいね。

今回の旅では、タイ航空(2回)、ルフトハンザ、ANAと計4回のファーストクラスに搭乗しました。それぞれに持ち味がありどれも素晴らしかったのですが、やはりANAが一番落ち着くし、寛ぐことができました。

次はANAファーストクラスに乗ってどこに行こうかすでに考えています。

 

次回以降は【番外編】として、旅で活躍したグッズや、かかった費用などをご紹介したいと思います。

続きはこちら!

ANAマイルを利用したファーストクラス世界1周でかかった費用はいくら? えっ、たったこれだけ!?