Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ANAでもJALでもマイルが貯められる究極のクレジットカード!

ホテル・ブリストル・ウィーン宿泊記!国立歌劇場横の小規模ながら豪華な高級ホテル!ジュニアスイートへのアップグレードも!

 

今回、幸運にも貯めたANAマイルで発券したスターアライアンス特典航空券にてファーストクラスで世界1周をすることになりました。タイ・バンコクを最初の目的地として、ミュンヘン・ウィーン・ブダペスト、そしてニューヨークを巡りました。タイ国際航空、ルフトハンザ航空、ANAと計4回のファーストクラスにも搭乗しました。

世界1周旅行記については、下のボタンをクリックしてご覧下さい。

2019年世界1周旅行記

ウィーン市中心部のマリオット系ホテル

ウィーン市内中心部にはマリオット系ホテルが10軒あります。カテゴリー6のリッツ・カールトンをはじめ様々なブランドのホテルがありますので、好きなタイプのホテルを選ぶことができますね。カテゴリーは「5」のホテルが中心です。

ホテル名カテゴリー
ザ・リッツ・カールトン・ウィーン6
ウィーン・マリオット・ホテル5
ホテルブリストル,ラグジュアリーコレクションホテル,ウィーン5
ホテルインペリアル,ラグジュアリーコレクションホテル,ウィーン5
ルメリディアン・ウィーン5
ダストリエスト,ウィーン,デザインホテル5
DO & CO Hotel Vienna, a Member of Design Hotels5
インペリアル・ライディングスクール・ルネッサンス・ウィーン・ホテル4
ルネッサンス・ウィーン・ホテル4
コートヤード・ウィーン・プラーター/メッセ3

ウィーン最後の宿泊先は「ホテル・ブリストル・ウィーン」

今回のウィーン滞在の前半は、ブダペスト観光を挟んで「ホテル・インペリアル・ウィーン」に2泊しました。

しかし、「ホテル・ブリストル」にも以前から泊まってみたいと思っていたため、ウィーン最終日は「ホテル・ブリストル」に宿泊することにしました。

マリオットポイントによる無料宿泊

今回の旅行ではホテル代は貯めてあるマリオットポイントによる無料宿泊で全てカバーします。「ホテル・ブリストル・ウィーン」はマリオットのホテルカテゴリーが「5」となるため、無料宿泊に必要なポイントは25,000ポイント/泊になります。

マリオットポイントのおかげで、今回の世界1周での総額数十万円分のホテル代が全て無料なので、やはり持っておくべきはSPGアメックスですね。

ホテルの上級会員に興味のある方は、こちらの記事を是非ご覧下さい。
マリオット系ホテル上級会員への近道!SPGアメックス入会のメリット・デメリットを詳しく解説!(2019年5月最新版)

ホテル・ブリストル・ウィーンについて

ホテル・ブリストル・ウィーンの概要

ホテル名ホテル・ブリストル,ラグジュアリーコレクションホテル,ウィーン
Hotel Bristol, a Luxury Collection Hotel, Vienna
住所1010 ウィーンウィーンKaerntner Ring 1
最寄り駅地下鉄U1,2,4 カールスプラッツ駅 / Karlsplatz
開業年1892年
チェックイン15:00
チェックアウト12:00
総部屋数150部屋
建物階数7階

ホテル・ブリストル・ウィーンの場所

ホテル・ブリストル・ウィーンは地下鉄のカールスプラッツ駅を出たところにあります。道路を挟んで、ウィーン国立歌劇場(オペラ座)の隣になります。

ホテルの公式ページは以下をご覧下さい。

参考 Hotel Bristol Vienawww.marriott.co.jp

ホテル・ブリストル・ウィーンにチェックイン

ホテル・インペリアル・ウィーン」を16:00頃にレイトチェックアウトし、そのまま徒歩で「ホテル・ブリストル・ウィーン」に徒歩で向かいます。歩いて数分の距離になります。

フロントでチェックインを行います。ロビーは比較的小ぢんまりしています。男性スタッフの方が非常にフレンドリーな方で、「部屋はアップグレードしておいたよ!」と言ってくれました。

お部屋はジュニアスイートにアップグレード

マリオットポイントによる無料宿泊のため、予約している部屋は一番スタンダードなクラッシックルームです。しかし今回は部屋をアップグレードしていただき、ペントハウスのジュニアスイートになりました。

お部屋のグレードは

  • クラシックルーム →ポイントによる無料宿泊で予約したお部屋
  • デラックスルーム
  • グランドデラックス
  • エグゼクティブルーム
  • ジュニアスイート →アサインされたお部屋
  • オペラスイート
  • ペントハウススイート
  • ブリストルスイート
  • プリンスオブウェールズスイート

となっています。スイートと名の付くお部屋がたくさんありますね。

部屋の向きがオペラ座(ウィーン国立歌劇場)側の部屋は眺望がよく、それぞれのカテゴリー内でさらに高い料金設定になります。

今回のアップグレードは、SPGアメックスを持ち、かつプラチナエリート資格によるアップグレードのため、お金は一切掛かっておらず、無料です。クラシックルームとジュニアスイートの価格差が約2.5万円程度でした。SPGアメックス保有によりゴールドエリート会員になることができ、アップグレードの可能性もありますので、ホテルライフを快適に過ごしたい方はSPGアメックスをご検討下さいね。

マリオット系ホテル上級会員への近道!SPGアメックス入会のメリット・デメリットを詳しく解説!(2019年5月最新版)

ホテル・ブリストル・ウィーンのペントハウス・ジュニアスイートの様子

今回のお部屋は657号室になり、最上階6階の一番奥の部屋でした。

エレベーターを降り、廊下を奥の方に進みます。

扉を開けて部屋に入ると左手にはベッド、右手にはソファーとデスクがあります。(パノラマで撮った写真)

全体的にシンプルなヨーロピアン調のお部屋ですね。

こちらがベッド部分。

こちらはソファーとデスク周りです。

こちらはデスク左側の棚の中です。機能的に収納されていますね。

デスク上には、このような時計兼ラジオが置いてありました。スマホと接続してスピーカーから音楽を鳴らすことができました。

ジュニアスイートのバスルーム

バス・トイレは別々になっています。

お部屋正面にはちょっとしたバルコニーがあり、その右側がバスと洗面台、左側にはトイレがあります。

こちらはバスルーム側です。洗面台はダブルボウルのタイプでした。

アメニティ類は、BYREDO(バイレード)というスウェーデンのブランドで統一されています。これは先に宿泊した「ホテル・インペリアル・ウィーン」でも同じでした。

こちらは左側のトイレです。

トイレの手前のスペースもクローゼットになっています。

ペントハウスのバルコニー

ペントハウスになっているため、小さいながらもバルコニーがついています。部屋の正面にはこのようなドアが。

バルコニーに出ると、左手にはウィーン国立歌劇場(オペラ座)の横が見えます。

パノラマで撮るとこのような感じです。小さいですが、正面の尖塔はシュテファン寺院になります。

ターンダウン

出かけて夜戻ってくると、ベッドはこのようにターンダウンされていました。

ベッドの上には、明日のウィーンの予定が書かれたリーフレット、そしてモーツァルト・クルーゲル(チョコレート)が置かれていました。

ホテル・ブリストル・ウィーンのホテル内の設備

ブリストルバー

今回は利用しませんでしたが、フロントの横にはいい雰囲気のバーもありました。

コンシェルジュ

エントランス横にはコンシェルジュもあります。こちらも今回は一度も利用しませんでしたが、出入りするたびに明るく声かけてくれました。

エレベーター

エレベーターは1基しかありませんでしたが、なかなかこちらもいい雰囲気です。

さらにエレベーターの中にもこのように椅子もありました。一人で乗った時に座ってみましたよ。

ちなみにこちらはエレベーター横の階段。こちらもいい雰囲気ですね。

ホテル・ブリストル・ウィーンの朝食

ホテル・ブリストル・ウィーンの場合、プラチナエリート会員の特典として、

  • 無料の朝食
  • 1,000ポイント

のいずれかを選ぶことができます。

朝食は1階にある「ブリストル・ラウンジ」でいただきます。

ちなみに有料で食べる場合は、

  • ブッフェ朝食    38.00 EUR
  • コンチネンタル   26.00 EUR
  • アメリカンブレックファスト 38.00 EUR

となります。なかなかお高いですね。

中央にパン類やジュース類が置かれています。

 

その他のホット・コールドミール類は、奥まったスペースに置いてありました。

エッグステーションもありますので、お好みの卵料理を作ってもらうこともできます。

そしてこちらが朝食でいただいた料理です。どこでも同じような感じですね(笑)

こちらはコーヒー。カップやポットにも全てホテルのロゴが入っていますね。

この朝食がウィーンでの最後の食事となりました。

ホテル近隣のお店

*以下の内容は、「ホテル・インペリアル・ウィーン」の記事に掲載した内容と同じものになります。
ホテルインペリアル・ウィーン宿泊記!楽友協会隣の品格あるホテルに無料宿泊さらにアップグレードも!

ホテル近くで何か食材や飲み物などを調達したい場合は、目の前のリングを左側に進み「グランドホテル・ウィーン」の地下にあるスーパーマーケット「Billa Corso」がおすすめです。

実はこちら、以前のウィーン旅行の際に宿泊した「グランドホテル・ウィーン」に併設しているショッピングモールの地下にあります。
ウィーン宿泊はグランドホテルウィーン!朝食は豪華なビュッフェで、朝からシャンパンも飲める!

そんなに大きくはありませんが、一通りのものが揃っていますので、近くに宿泊した際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

ただし日曜日はお休みになりますので、お気を付け下さい。

日曜日にウィーン中心部で買い物ができるスーパーマーケット

1箇所だけウィーン中心部で買い物ができるすスーパーマーケットがあります。それは、「BILLA」です。

場所は以下の地図をご覧いただくのが良いですが、地下鉄の駅でいうとカールスプラッツ駅よりもシュテファンプラッツ駅の方が近いです。

ちなみにホテルインペリアルからは歩いて10分程度です。

こちらは日曜日も空いていますので、どうしても日曜日に何か買いたい場合はおすすめです。

ちなみにいずれのスーパーも、お土産になりそうな大袋のお菓子等が売っていますので、バラマキ用のお菓子であれば安く購入できると思います。

ホテル・ブリストル・ウィーンに宿泊した感想

今回ウィーンでの最後の宿泊は、「ホテル・ブリストル・ウィーン」でした。

大規模なホテルではなく、どちらかといえば小ぢんまりとしたホテルです。

しかしさすがにラグジュアリーコレクションブランドのホテルで高級感があり、部屋もシンプルなヨーロッパ調で快適に宿泊することができました。

地下鉄の駅も目の前で、ウィーン国立歌劇場(オペラ座)の横、ウィーンのショッピングストリートにも近く非常に便利なロケーションです。

今回はウィーンでは、「ホテル・インペリアル・ウィーン」「ホテル・ブリストル・ウィーン」と2つのホテルに宿泊しましたが、正直甲乙捨てがたいですね。

次にウィーンに行った時には楽友教会に行くか、オペラ座に行くかによって、どちらのホテルに泊まるか決めたいと思います(笑)